1. まとめトップ

怪しくて安い宿 新潟 公楽園

レトロで怪しい宿 宿そのものもレトロだが、自販機・ゲーム機もレトロ そこには今もなお昭和が・・・

更新日: 2012年10月12日

31 お気に入り 39569 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zizii-ziziiさん

創業25周年特別企画として宿泊2500円、休憩1000円という都内では考えられない激安料金。新潟に行った際は観光気分でこのホテルに泊まってみては如何だろうか? 良い思い出になるかどうかは保証しかねる。

どうやって経営を続けているのか気になるホテルだが、なんと満室になる日もあるという。和式トイレに自分でお風呂を洗ってお湯を入れるお風呂場(スポンジが置いてある)

ホテル公楽園は1976年頃から未だに改築なしで経営を続けて居るという

トーストサンド自販機とカップめん自販機があるがそのうちひとつはカップリーナ自販機!

意外と短命で終わるのがマイナー自販機の宿命でもある。
買えるうちに買っておこう。

24時間営業。時間を気にしなくてすむ、それが公けの楽園。
ゲームもできる。それが公けの楽園。
コインスナック。ラーメンが食べられる公けの楽園。これが今日のお目当てだ。
ホテル、宿泊も休憩もできる。それが公けの楽園…。

部屋の臭いについては、酔っ払って鼻が慣れれば、まぁなんとか寝られますw

昭和51年開業の公楽園は1階が自販機コーナー&ゲーム、2階が昭和トリップ感満点のホテルとなっており、トースト自販機やカップリーナ自販機などレアな自販機を、宿泊しつつ心ゆくまで味わえる日本でも珍しい施設となっている。24時間営業。

旅の味わいを、深い思い出にしてくれるどこか懐かしく、そして温かいぬくもり。
無人のコインスナックには不思議な居心地の良さと、何とも言えぬ詩情があるのだ。

1部屋を5人以上で利用した場合の1人当たり、ではない。
1人で泊まろうが4人で泊まろうが1人1泊2800円だ。実際ここにグループで泊まる人はそう多くないようで、ほとんどの人がひとりで泊まっているように思われる。

新潟県燕市に、1泊2800円の宿がある。

1