1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

tenkanさん

猫はアンダーコートと言われる、一番下に生えているフワフワの毛をちゃんと取ってあげないと、皮膚呼吸の効率が悪くなります。猫の毛が毎日生え変わるのは当たり前の事なので、毛球症を防ぐためにも、できるだけ毎日抜け毛を取ってあげましょう。

アンダーコートまでしっかりととかしてあげないと、
アンダーコートが絡まってしまったりしますから、毛の短いブラシよりも、長いものを選びましょう。
ブラシの毛が密集しているものよりも、隙間があるものを使ってあげてください。

スリッカーと呼ばれる、抜け毛を取る為のブラシは、価格帯や機能が様々な物が売られています。お手入れの頻度、しやすさ、愛猫の性格によって選んでみましょう。

動物の毛についた唾液がアレルギーを引き起こす場合もあるので、こまめにブラッシングを行い、週に1度はぬれタオルで愛猫の体を拭くことをおすすめします。

ブラッシングの次は、毛についた汚れをサッと取ると、抜け毛が空中に舞った場合の被害も少なくて済みます。
意外に、濡れタオルでも抜け毛はすごく取れます。濡れた手や、お手入れ用スプレーをした体をグルーミンググローブで撫でてもゴッソリ取れます。

外国の製品です。これでもかっ! という程毛が抜け、付属品によって、ハムスターから馬にまで使えるそうです。ただ、毛を取る為だけの商品ですので、抜けた毛はどんどん床に落ちてしまい、掃除機が欠かせないのが難点。

意外と、粘着テープやコロコロで毛を取ってもらうのが大好きな猫が多いみたいです。
うちの猫はコロコロを見るとすっ飛んでくる程です。
毛が舞わない、ブラッシングしやすくなるのがメリットですね。

◆シャンプーで抜け毛を一掃

猫の毛は脂が多いので、毛球や抜け毛だらけでシャンプーしてもあまり意味がないですからね。
シャンプーは、毛を洗うのではなく地肌を洗うつもりで行ってください。

ちゃんとブラッシングしてから、という前提ですが、シャンプーは抜け毛や皮膚予防対策にものすごく効果を発揮します。小さい頃から慣れているか、嫌がって暴れたりしない、ドライヤーがトラウマになっていない猫ちゃんには月に一度ほどシャンプーをしてあげると効果的です。
もちろん、人間用のシャンプーやリンスはNG。

◆くっついたり散らばった抜け毛はどうしたら?

静電気防止スプレ-をかけておくと、簡単に毛を払い落とせるようです。
静電気防止効果のある柔軟仕上げ剤を使うのもよいかもしれません。

下敷きをこすって頭に乗せると髪の毛が浮き上がる原理ですね(古い?)
毛がつきにくい服を着るのも大事ですが、そうそう衣類をごっそり買い換えるわけにもいきません。
スーパーでも置いている店舗は多いので、ぜひ活用してみてください。

掃除機で吸ってもなかなか取れない、カーペットに絡みついた抜け毛は、靴洗い用の柄つきタワシやタワシなどを使って、絡みついた抜け毛を表面にかき出してから吸い取るとよく取れます。粘着ローラー(クイックルワイパー カーペット用など)やガムテープなどを使って取るのも効果的です。

猫ちゃんを迎えたけど、飼ってみてから絨毯の毛足の長さが気になる……。という事も珍しくありません。
コルクマットなど、毛がくっつかないものも多くありますが、中々絨毯を変える訳にいかない場合は「掻き出す」方法を試してみると効果的です。

ゴム手袋で、ペットの毛が絡みついたラグをゴシゴシこする。

こうするだけで、どんどん取れます!^^

百円均一のお店で用意できるゴム手袋。経済的で便利です。

◆猫の毛が抜けるのは当たり前のこと。

可愛い愛猫でもこんな抜け毛にはやや困り果ててしまいますが、年をとると抜け毛も少なくなった気がしますから、抜け毛が多いうちは元気な証拠と思ってあげるのが良い飼い主かもしれませんね。

1