1. まとめトップ

【電力不要】友人恋人と出来る暇つぶしゲームまとめ【負けると悔しい】

学校職場の休み時間に、合コンに、恋人や子供とのコミュニケーションに何故か盛り上がる電力不要の暇つぶしゲームは如何ですか?

更新日: 2012年09月24日

102 お気に入り 2507285 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tanzoさん

暇つぶしゲームとは?

ちょっとした合間にできるのが最大の特徴
知ってると何故か自身の株も上がる
ローカルネームもありますが「○○するアレ」で済まされる場合も多いですw
正式名称も一緒にご紹介

マッチ

プレイ人数:2人〜
勝利条件:相手の両手の指を0本にする
概要:手をポンと叩くことで、順番に相手の指の数を変えて、相手の両手を指0にするゲーム

両手の指を1本ずつ立てて出す

基本は人差し指を立てるが地域によっては親指のところも
最初は両者とも左右一本ずつ指が立ってるので1+1つまり全員2ポイント所持

最初はどちらかが行動権を持つ

行動権を持っている人は、自分のどちらかの手で相手のどちらかの手の甲を叩く

手の甲でなければならないわけではないですが「えい!」っとぶつけちゃいましょう

叩かれたほうは、その数だけ、叩かれた手の指の数を増やす

1ポイントをぶつけられたら指はもう1本立てて2ポイント(手はチョキの状態)になります
例えばこれを続けていくと3ポイントの状態で2ポイントの手にぶつけられると2ポイント増えて指は5本でパーの状態になります

指が6本以上になってしまうときは、0本となる

指は片手5本なので片手が6ポイント以上になると片手は消滅する

交互に繰り返して、相手の両手を指0にすると勝ち

エチケット

プレイ人数:2人〜
勝利条件:自分の手持ちの数字を全て無くす
概要:数時を交互に言い合い対応する指を曲げていき最終的にはグーにする

先攻、後攻を決める

片手を前面に出し、もう一方の手で指が相手に見えないように覆い隠す

背に隠しても良いです

この覆い隠した指に数が指定される。親指から「1」、小指が「5」となる

先攻は「1~5」の何らかの数を言う。言った数は無くなり、数に対応する指を掌側に折り曲げる

言いたくない場合は「パス」しても良い

後攻は先攻が言った数より大きい数字を言う

前回相手がパスだったら宣言としては0なので1〜5好きな数を言えます

これを繰り返し、先に全ての数字が無くなった者が勝ち

記憶力と戦略性が鍵です
しかし実は必勝法が・・・w

数拳

プレイ人数:2人〜
勝利条件:数字を当てて両手を無くす
概要:数字の宣言とともに指を立てて宣言と指の本数が同じなら手を減らす

先攻を決め、3人以上なら時計回りに行うか反時計回りに行うかを決める

参加者が向き合い(あるいは円になる)、両手をじゃんけんの「グー」を縦にした形で前面に出す

先攻が数字指定者となり、「いっせーの」等の掛け声と共に「0~全プレイヤーの指の本数」のうちの任意の数字を言う。それと同時に参加者は任意の親指を立てる

立った親指の合計数が、指定した数に同一ならば数字指定者は片手を下ろす。下ろした手はゲームに参加しない

次の参加者が行う

これを繰り返し、先に両手とも下ろせた者から上がりとなる

1 2 3 4 5