今回の「暴動」は、到底許されるべき事ではありません。
また、暴動に対して「見かけだけの対応」をとる中国政府も不愉快です。
しかし、理性愛国 を掲げる人達がいるのも事実です。
中国も、少しずつ変わってきたのでしょうか?

で、私たち日本人がやるべきことは
・同じレベルに下がって「暴動」のマネをしない
・「中国人」にも、色々な人がいる事を理解する
・次の選挙では、国益を考える政治家・党に投票する
という辺りだと思います。

閲覧、ありがとうございました。  ヾ(・。・*

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

[中国暴動] 理性愛国 違う側面のひとつ [愛国無罪]

暴動が (あれはデモではなく、暴動だと思っています)、中国の一面であるのは間違いはない。そして、同じように、これも中国の異なる側面の一つである。是々非々は お任せします。

このまとめを見る