1. まとめトップ

iOS 6で新しくなったiPhone地図が未完成すぎる件

iOS6のアップデートが始まりました。今回Google MapからApple独自の地図に切り替わることが話題となっていますが、Apple地図はどうやらまだ発展途上のようです。海外だといいんでしょうが、日本だとスカスカ、3Dだとかなり“焼け野原”状態です。Google Mapとの差をまとめてみました。

更新日: 2012年09月20日

0 お気に入り 9984 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

narumiさん

いったいiPhoneのマップアプリに何が起きてしまったのでしょうか……

iOS 6で地図アプリがApple製に

新たなiPhoneのマップアプリはアップル社が自社開発したもの。マップの建物の3D表示は日本ではまだ対応しておらず、海外の建物しか立体になっていない。また渋滞状況やそのほかレビュー写真も日本では使うことができない。

そんな肝心のマップだが、噂通りスカスカである。新宿周辺(ガジェット通信編集部近辺)を見てみたのだが、建物の物件名が乏しく、あるはずの道が無かったりと地図としてまだ未完成なようだ。

地図がスッカスカ!

◆新宿駅

◆博多駅

◆福岡市もすかすか

◆スカスカな代わりに“謎の駅”が登場

◆3Dビュー(Flyover)が日本だと使い物にならなそう

◆大阪

◆航空写真には雲が…

◆じゃあApple製マップは無視して、引き続きGoogle Mapを使えばいいんだよね?

ウェブやメールのリンクをクリックした時に、純正Mapが勝手に立ち上がっちゃうからGoogleMapが純正だった時と比べて、使い勝手が悪化するのは間違い無いと思うよ。

GoogleMapが今の精度になるのに7年近い年月がかかってるから、一朝一夕で追いつけるはずがない。

…だそうですよ!

1





このまとめへのコメント1

  • air-apjさん|2012.09.20

    「うどん県」で検索すると香川県庁がでる、というツィートが流れてきましたが。完成の方向はそっちじゃないと思う。

1