1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

近年、「人は見た目が九割」という言葉が横行している。
例えば、以下の書籍はそのものズバリの内容を示している。

だが、本当に見た目が9割なのだろうか?

「300円です(さんびゃくえんです)」と言われたら、「さ」しか聞き取れないのだろうか?
調べてみた。

主張の根拠

大抵の場合、この主張の根拠には、「メラビアンの法則」が紹介される。

メラビアンの法則

話者が聴衆に与える印象には、3つの要素があり、それぞれの影響力を具体的な数値で表した法則。
アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した。

会話における印象の配分は以下のとおりである。

■55%=Visual (視覚情報:見た目・表情・しぐさ・視線)
■38%=Vocal (聴覚情報:声の質・速さ・大きさ・口調)
■7%=Verbal (言語情報:言葉そのものの意味)

しかし、この説明は、提唱者本人によって
真っ向から否定されているのだ

メラビアン博士が行った実験とは

実際の実験とは以下のとおりである。
・「好意」「嫌悪」「中立」の声質で単語を読み上げて録音。
・「好意」「嫌悪」「中立」の表情をした顔写真を1枚ずつ用意。
・上記1.2.をランダムに配置し、声と表情のどちらに感情伝達の優位性があるか検証

という結果から生まれたのが、この法則である。
ちなみに読まれる単語は「honey」「thanks」など情報量の少ないものが抽出されている。

したがって、言葉そのものの意味は、最初から度外視された実験だったのである。

この実験結果がひとり歩きをしたため、メラビアン博士は異例のコメントを出している

メラビアン博士のコメント(のニュアンス)

「私の研究は誤解されている。
コミュニケーションにおいて、言葉の伝達力がたったの7%だなんて
馬鹿げたことがあるわけがない」

もっともらしくこの法則を説明している人がいたら

もし、あなたがセミナーなどで、メラビアンの法則について説明を受けたならば、

その講師に上記の説明をし、コメントをもらってみてはどうだろうか?

返答が見ものである。

ちなみに、この話題が紹介されている文献:パオロ・マッツァリーノ『反社会学講座』では、
日本人には、察するとか空気を読む文化があるので、
コミュニケーション能力など必要ない、と書いてある。

参考:

1