提供:アンファー株式会社

実は遺伝は関係ナイ…今から出来るカンタン頭皮ケア

30歳を過ぎて少しずつ気になってくるのが「抜け毛」の問題。若い時からの“頭皮ケア”が重要だそうなんですが、生活習慣を少し変えるだけで出来るようです。今からできる簡単な方法をまとめてみました。

更新日: 2012年11月15日

1123 お気に入り 233104 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

30過ぎると注意が必要?

髪の成長サイクルは年齢と共に徐々に狂いが生じてくる

体力が衰えてくるのと同じで、抜け毛もまた加齢現象だそうで、50歳の男性のうち約半数がこの状態に入っているという調査結果もあるそう…。

遺伝で禿げる確率は20%、ほとんどが後天的なものであり、生活習慣によって大きく左右される

親が禿げていると子供もハゲるのは親と似た食習慣や嗜好が受け継がれて、それによって禿げる体質になってしまっているんだとか。

1日に抜け落ちる髪の毛は約50~100本、それ以上抜けるようなら気をつけた方が良い

100本以上抜けるようなら、成長期にあるはずの毛母細胞が正常に働かず、髪が本来の寿命をまっとうできない状態になってるかも。

抜け毛を防ぐには、とにかく清潔にする、栄養を届けるための血行促進などの「頭皮のケア」が重要

いつものシャンプーをちょっと工夫

1.髪をいきなり濡らすのはNG、まずはブラシで髪をとかす

髪をとかすことで汚れやフケを浮かせる効果が。その他にも、ほつれも解消され、指通りもなめらかになる。

2.シャンプーはしっかり泡を立て、後頭部から側頭部、前頭部へと包み込むようにじっくり洗っていく

3.すすぎは、髪ではなく地肌にお湯を浸すような感覚で行う。髪の毛が伸びる方向とは逆に向かって行うと、泡や汚れがきれいに落とせる

4.タオルで髪の根元を押さえるようにしながら水気をしっかり拭き取る、ドライヤーの使用も乾かしすぎると傷むので、まず先に根元を乾かす

頭皮エクササイズは気持ちよくて効果的

頭皮エクササイズにもなる 「顔ヨガ」

(1)顔をやや上向きにして、歯を強くかみ合わせる
(2)5秒間そのまま保ち、5秒かけてかみ合わせをゆるめ、自然の状態に戻す
(3)耳の上の筋肉が動いていることを確認しながら、3回繰り返す

頭皮をリフレッシュする 「セルフヘッドマッサージ」

(1)両手の指の腹で、頭皮全体を生え際から頭頂部にかけてもむ
(2)両手の指の腹で頭皮を軽くつまむようにに、はずみをつけて指を離す
(3)つむじ辺りの頭頂部を3秒くらい力をかけてゆっくり押す
(4)両手を軽く握り、頭全体を軽く叩きます

手軽に頭皮を刺激できる 「ブラシマッサージ」

(1)ブラシの先を使って髪を軽くとかすだけでも頭皮が動く
(2)気持ちよく感じる所をツボ刺激。1点3秒程でゆっくり押します。
(3)気持ちの良い強さでリズムをつけトントンと20回程
(4)髪の生え際から頭頂部に向かって頭皮を持ち上げるようにマッサージ

頭部への血行改善を促す、「首や肩のエクササイズ」

(1)手を耳の上に当て、手に力を入れながら同時に頭を手の方向に倒す
(2)ヒジをもう片方の腕ではさみ、背中を伸ばすように体の方に引っ張る
(3)背中の後ろで両手を組み、そのまま上に上げて胸を伸ばす

健康管理イコール頭皮ケア

食生活では「草食系男子」を心がける

男性ホルモンを増やす可能性のある牛乳や肉類、香辛料、ニンニクの様な食品の摂り過ぎは避けて、野菜を多めに食べる方が望ましい。

男性にもある「シンデレラタイム」にしっかり睡眠をとる

シンデレラタイムは一般的に22時~2時の間。この間に副交感神経が最も活発化し、成長ホルモンが大量に分泌され、代謝が活性化される。この時間に寝る事がヘアケアにも繋がるんだとか。

「毎日の運動」や「お風呂」など新陳代謝を上げる事を意識する

肌や健康に対する心がけと同じ。要は血行を良くすることが毛の成長には欠かせないとのこと。

「禁酒・禁煙」とまでは行かないが少し抑え目にする

酒を飲むと肝臓の稼働が活発になるが、その稼働を助けるのが髪の成長を助ける成分であるため、飲み過ぎると結果的に髪に影響がでてしまう。タバコは血行を悪くし頭皮にも影響がでるとのこと。

頭皮をはじめ、カラダ全体のケアをするなら

専門ドクターが監修しているアンチエイジングがテーマの専門サイト
http://www.karada-aging.jp/

その他、スカルプD公式サイトでは「正しいシャンプーの仕方」なども紹介されている

1