1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

陸自は「特定の国や島を想定していない」としているが、尖閣諸島をめぐる日中の緊張が高まる中、中国にとっては刺激的な訓練となった。

「動的防衛力ということで、島しょ防衛をうたっているので、それに資するための能力を向上させる必要がある」(陸幕教育演習班・井藤庸平3等陸佐)

 「(合同訓練は)日米の関係を深化させる。我々も日本の自衛隊ともっと訓練していかなければならないし、日本の自衛隊も我々と合同訓練すべきだと思います」(アメリカ海兵隊 トビン・ウォーカー大尉)

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

purupururuさん