1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

日本が世界に誇るアングラ最強バンド「渋さ知らズ」のまとめ

知る人ぞ知る日本最強のアンダーグラウンド・ジャズバンド、渋さ知らずについてまとめました。

更新日: 2016年09月14日

234 お気に入り 80697 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大所帯バンド「渋さ知らズ」って?

日本の超巨大バンド。略称「渋さ」。

1989年「発見の会」演劇公演の劇伴を担当した不破大輔を中心に渋さ知らズは吉祥寺でその産声をあげた。

渋さのダンドリスト(指揮)。本業はジャズベーシスト。

ジャズ・ロック・ラテン・ポップス・フォークに、果ては演歌までが混在する脱ジャンルの音楽性に舞踏・美術・映像・DANCE・照明・音響までもが渾然一体となったそのステージは痛快な娯楽にして前衛。

なんでもアリのステージは本当に楽しい

渋さの楽曲は大半が器楽曲(インストゥルメンタル)であり、基本的にはシンプルなフレーズを徐々に音圧を上げながら延々と繰り返すことで構成される

大人数で演奏されるその音圧は圧巻。

観衆を引き込む圧倒的なパフォーマンスで、音楽ファンだけでなく、演劇や舞踏、美術ファンまで多種多様な人を魅了し続ける

キャバレーダンサー、芸者、暗黒舞踏家、サンバダンサーなど踊り手もカオス。

前衛音楽祭として世界的に著名なドイツの「メールスジャズ祭」に連続して呼ばれ、2000年の公演ではメインステージのトリを務め巨大サーカステントが満員御礼の札止めとなる大盛況を得る。

参加メンバー

渋さ知らずの中核を成すメンバーです。ただしごく一部。

代表曲

ライブで必ずといって良いほど演奏される大人気曲。

関連まとめ

1 2