1. まとめトップ
  2. 雑学

臨場感たっぷり バイノーラル録音とは?【※ヘッドホン必須】

録音方式の一つ「バイノーラル録音」臨場感あるサウンドが楽しめます

更新日: 2012年09月29日

70 お気に入り 95972 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秋山田さん

録音方式の一つに「バイノーラル録音」というものがあります

まずはこれをお聞き下さい

※ヘッドホン必須
まるでその場所で雨が降っているように聞こえませんか?
これが「バイノーラル録音」です

バイノーラル録音とは、モノラル・ステレオなどと並ぶ録音方式の一つで、実際に人が音を認知する状況と同じ条件の元で収録する録音方式である。

ステレオ・ヘッドフォンを使って再生すると、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現する意図で考案された。

ではどのように録音しているのか

この耳の部分がマイクになっているわけです。
こうやって録るとまるで人間の耳で聞いているかのようになるわけです。

いろいろな場所に置いて録音するだけ

こういったマイクでも可能です

これは耳に入れない部分がマイクになっていて、イヤホンのように耳につけて使います

なぜリアルに聞こえるのか?

バイノーラル録音-再生により臨場感が得られるのは人体各部で音波が回折や反射をすることにより干渉が生じ、単に左右の耳と音源間の距離からくる音量差と時間差のみに留まらず周波数特性にも特徴的な影響を与えるからである。

人間の形を再現する事で、人間の耳で聞こえる音をそのまま録音しようという事です

一番の特徴は音の聞こえる場所。音が移動している様子がとてもよく分かるでしょう。

他にも聞いてみましょう

※全てヘッドホン必須

関連リンク

1