出典 blogs.yahoo.co.jp

驚愕の交渉条件

1994年5月2日、当時ブラジル代表だったロマーリオの父親・エデバイールさんが自身の経営しているバーを戸締りしているところを何者かに誘拐された。

犯人からは8億円の身代金が要求され、6日間に及ぶ警察の捜査もむなしく手がかりは一切つかめなかった。

ロマーリオは悩んだ挙句、メディアを通じて「父親を返してくれなければワールドカップには出場しない」と犯人に逆要求。

ワールドカップ開幕直前のブラジル国内はロマーリオのこの発言に凍りついた。

それは犯人も同様で、この発言がTVで放送された直後に父親を釈放した。

この情報が含まれているまとめはこちら

南米サッカー界の本当にあった信じられない誘拐事件簿

南米ではサッカー関係者の誘拐事件が非常に多い。特にブラジルのサンパウロでは「また?」と言いたくなるほど誘拐が起こる。日本では一回起これば世紀の大事件にもなりそうな誘拐事件をまとめました。

このまとめを見る