出典 sao-paulo.cocolog-nifty.com

監禁159日目で保護

リカルド・オリヴェイラの姉は2006年10月4日、自宅から連れ去られた。

匿名による通報電話でアジトが判明。警察はアジトを急襲し、オリベイラの姉を保護した。

彼女は暗がりの中で手足を縛られ、二〇キロもやせ衰え、歩行もままならない状態で病院に収容された。

事件解決は2007年の3月14日、実に発生から年をまたいで5ヶ月弱(159日)という長期にわたる誘拐事件だった。

この情報が含まれているまとめはこちら

南米サッカー界の本当にあった信じられない誘拐事件簿

南米ではサッカー関係者の誘拐事件が非常に多い。特にブラジルのサンパウロでは「また?」と言いたくなるほど誘拐が起こる。日本では一回起これば世紀の大事件にもなりそうな誘拐事件をまとめました。

このまとめを見る