車輪の下 (新潮文庫)

車輪の下 (新潮文庫)

抑圧的な学校に静かに反抗する少年の物語。

学校に不自由を感じている人にとっては共感できる一冊だと思います。

私は20代になってから読みましたが、「もっと早くに読んでおけばよかった」と思いました。世の中には「その時」に読まなければ意味がない本もあります。

この情報が含まれているまとめはこちら

自由に生きるために10代のうちに読んでおきたい10冊

「自由に生きるため」という観点で、10代のうちに読んでおきたい10冊を紹介します。「学校からの自由」「他者からの自由」「会社からの自由」「自分自身からの自由」という構成にしてあります。

このまとめを見る