1. まとめトップ

勝率が劇的に上がる「じゃんけん必勝法」のまとめ

じゃんけんの勝率を上げたい方、どうしても勝たなければならない方に必見のまとめ。

更新日: 2012年09月28日

4 お気に入り 9027 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pigdnさん

法則1 ひたすらパーを出せ

実験ではグーが出る確率は35.0%。チョキは31.7%。パーは33.3%だった。グーが多くチョキが少ない。つまりパーを出し続ければ勝率が上がる。

法則2 あいこになったら、その手に負ける手を出せ

実験で同じ手が続いたのは22.8%なので、同じ手は出ない可能性が高い。パーであいこになったら、次に出るのはグーかチョキ。ここでグーを出せば、負ける可能性は少なくなる。

法則3 宣言しろ

疑り深い相手に「次はグーを出すぜ」というと、それを鵜呑みにしてパーは出してこない。 ならグーを出せば負けはしないという手法。

法則4 考えさせるな

せかして相手を追い込むと、直前に勝った手を出す確率が高まる、のかもしれない。

法則5 順番を刷り込め

勝負の前に「グー、チョキ、パー」と口に出しながら手の形を見せると、相手にこの順番が刷り込まれる。マジシャンがよく使う手なんだとか。

法則6 初心者はグーをだす

特に男性に多い傾向として、最初にグーを出すそうです。これはグーに「強い」とかそういうイメージ、いわゆる殴るとかそういうイメージを抱いているため、らしい。そのため、初心者相手のじゃんけんでは「パー」を出せば高確率で勝利できるそうです。ただし、じゃんけん世界選手権のような相手がプロの場合は通じません。

法則7 2回連続の罠

例えば相手がチョキ、次もチョキ、と出した場合です。すると相手が次に出すのはグー、あるいはパーの可能性が非常に高くなります。というのも、じゃんけんにおいては相手に予想されると圧倒的に不利なため、どうしても2回連続で同じ手を出してしまうと、予想されるのを回避するためにそれ以外の手を出す傾向が強いためです。

じゃんけんに強くなるのに役立つリンク集

1