1. まとめトップ

instant translateで翻訳 / Auto-Translateはウェブストアから削除

Auto-Translateが、Chromeウェブストアから削除されていました。以前から用意していた代替のinstant translate がかなり使えます

更新日: 2014年09月27日

nightwalkerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 15128 view
お気に入り追加

現在初期状態では『翻訳』は SHIFT キーになっています。

テキストの編集時に SHIFT キーを使っていても実行されるので、settings で T キーに戻したほうがいいかもしれません。

※ 右クリックしてコンテキストメニューからでも実行できます。

オプションの最後に、『統計情報を収集する事に同意する』というような事が書かれているので、気になるのであれば disable にするといいと思います。

翻訳を本文とともに、Google 翻訳へと転送できるオプションがあります。

▼▼▼▼ 以下は削除された Auto-Translate の情報です ▼▼▼▼

▼ Auto-Translate のリンクはこんな感じにエラーになります

▼ 以下は、Auto-Translate の内容

価格比較オプション(Superfish)が追加されているので、『使わない』ように設定しましょう

★ 設定

★ CTRL キーを使った時のみ翻訳する設定

この設定では、ドラッグして選択した後、CTRL キーを押しながらドラッグを解除すると、ポップアップに翻訳内容が表示されます

★ 翻訳重視で、ダブルクリックして選択された単語の意味を知りたい場合の設定(もちろん選択されると翻訳されます)

ダブルクリック無しでも、選択すると必ず翻訳されます

※ テキストエリア内でも翻訳されます
※ キー操作で選択した場合は選択部分を右または左でクリックします

★ 完全な単語重視で、マウスの下の単語の意味を知りたい場合の設定

1 2