1. まとめトップ

週刊GreenPost 43号 - しなやかな技術研究会 2012/10/9-12日版

再生可能エネルギーニュース - ”しなやかな技術”に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案 編集・発行 しなやかな技術研究会 http://greenpost.way-nifty.com/

更新日: 2012年10月13日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 5927 view
お気に入り追加

[次回のまとめ 週刊GreenPost 44号 - しなやかな技術研究会 2012/10/15-19日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134972676232552801

p2 ■ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2134896430253830001?page=2
p3 ●気になる話題
http://matome.naver.jp/odai/2134896430253830001?&page=3
p4 ●気になるツィート ■気になるまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134896430253830001?&page=4
p5 ●Twilog
http://matome.naver.jp/odai/2134896430253830001?page=5

[バックナンバー]
しなやかな技術研究会 まとめ* Index*
http://goo.gl/1DyMl

[前回のまとめ 週刊GreenPost 42号 - しなやかな技術研究会 2012/10/1-5日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134840585599904601

----------------------------
注:右のカラムに表示される「関連商品」や広告は、GreenPostが選んだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■GreenPostの記事 / おすすめエントリー(過去の記事から)

アサヒグループホールディングス、農研機構らの研究グループは、バイオエタノール生産による食料とエネルギーの同時増産を可能にする逆転生産プロセスを世界で始めて実証することに成功したと発表。これにより、砂糖の生産性を飛躍的に高め、かつバイオエタノールも生産する技術を開発することができるとのことです。

-----image : プレスリリース / アサヒグループホールディングス、2012年10月09日
・世界初、砂糖の生産性を飛躍的に高めるバイオエタノール生産技術を開発! より
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2012/1009.html

夏のキャンピングカー利用シーン。これから装備するなら何がどれくらいの予算でほしいのか? そんなアンケートを日本RV協会が実施し、結果をこのほど発表しました。

-----image : プレスリリース / 日本RV協会、2012年10月9日
・キャンピングカーユーザーがいちばん欲しい装備はソーラーパネルチャージャー夏場における使用を仮定して、ルーフエアコン、発電機、冷蔵庫もベスト5入り より
http://www.jrva.com/jrvanews/release/20121009.html

-----image : Naverまとめが、Getty Imagesと提携したのだとか、、、。無料や画像やイラストが使えるのだそうです。
”・世界100カ国以上に報道用画像などを提供しているグローバルな無料素材提供サービス「ゲッティ イメージズ」。NAVERまとめ上では、ゲッティ イメージズで有料販売されているプロのカメラマンが撮影した高品質の写真・イラスト・ニュース・人物画像をすべて無料で利用可能です。高品質で多様な写真からお好きなショットを選んで利用できます。”

仏アルストム Alstomは、潮流発電の Tidal Generation Limited (TGL) 社をロールスロイス社から取得したと発表。TGL社は、スコットランドの欧州海洋エネルギーセンターにおいて、2010年9月より500kWの潮流発電装置のテストを行い。合計100MWhの発電を行った実績をもっています。

IHIの燃料電池ユニットを積んだボーイング 737 ecoDemonstratorがテストフライトを実施したとのことです。米国シアトル近郊においてアメリカン・エアラインのボーイング737型機を用いてのテスト飛行が行われました。

エア・ウォーターは、同グループ企業の、年間40万トンの製塩を行う兵庫県赤穂市の日本海水の赤穂工場に木質バイオマス発電設備を導入すると発表しました。バイオ発電・天然ガス発電融合型電力蒸気供給システムでバイオマス発電が、最大発電出力約16.5MW、同時に設置する天然ガスの発電設備は、出力7.7MWです。2012年12月に着工し、2015年1月に運転を開始予定。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


●おすすめエントリー

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2011年の10月19日に発表した分に加えての海洋エネルギー技術研究開発における追加の実施体制を発表しました。

海洋エネルギー発電システム実証研究-発電方式の共同研究予定先として、
・潮流発電-----三井海洋開発
・波力発電-----市川土木、協立電機、いであのグループ

 そして、海洋エネルギー発電システム実証研究-次世代海洋エネルギー発電技術研究開発の委託予定先として、
・潮流発電-----佐世保重工業、東京大学、九州大学
・潮流発電-----ナカシマプロペラ、五洋建設、広島工業大学
 以上の4件

欧州風力エネルギー協会 European Wind Energy Association(EWEA)がまとめたところによると、EU圏の風力の設備容量が累計100GWに達したと発表

- 1995年の統計開始から、累計50GWに達するまで、2007年までの、12年が必要であったのに、残りの50GWを積み増すのにたった、5年しかかかっていないことがわかります

-----image : プレスリリース / European Wind Energy Association(EWEA),27 September 2012
・EU reaches 100 GW wind power milestone より
http://www.ewea.org/index.php?id=60&no_cache=1&tx_ttnews%5Btt_news%5D=1959&tx_ttnews%5BbackPid%5D=1&cHash=b7c78662bbf2d63b09f6d5e714236d69
「EU圏内の風力発電の累計設備容量の推移」

人気記事ランキングのトップ。ソーラーフロンティアは、300坪の日当たりのいい土地を所有する個人や事業者、農業者などを対象とする、50kW分のCIS薄膜太陽電池やパワーコンディショナなどをセットした「小規模発電所パック」を販売すると発表.....カナディアンソーラーも 50キロワット以下(49.92キロワット/46.08キロワット)の太陽光発電パック「sun garden(TM)」を販売.....

----------------------------

■ニュース&トピックス

1 2 3 4 5





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。