1. まとめトップ
  2. 雑学

限られた人間が持つ不思議な能力

存在が確認されている、不思議な能力を持つ人間のまとめ。先天的に持つ場合もあれば、後天的に持つケースもある。普通の人間からすると考えられないすごい特殊能力をまとめてみた。

更新日: 2012年11月04日

437 お気に入り 817686 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スーパー・タスカー
人口の2%が持っている“複数の処理を同時に行える”能力

ユタ大学応用認知ラボで、市販の運転シミュレーターを使い集中力を妨げる要素として携帯電話を渡しマルチタスクが行えるか実験を行ったところ、被験者200人のうち5人(男性3人、女性2人)だけが、作業に一切支障を出さず、もうひとつの作業を同時並行に処理できることがわかった。
スーパー・タスカーなら2人と恋愛ができるかも。

レーダー/ソナーに近い能力を持つ人間

浙江省杭州市で視覚障害者の窃盗犯が逮捕された。この男は、音を頼りに金の在り処を探して、20件以上も犯罪を繰り返していた。捕まった男は聴力が異常に発達しており、盗みに入る前に外から家の中の物音を聞き、どこにお金を隠しているかを探知していたという。

音を単独に聞いたときに、音の高さを即座に言い当てることができる能力(絶対音感)

絶対音感の人は、さまざまな楽音やそれに近い一般の音に対して音名を答えられる。和音の構成音に対して音名を答えられる。耳で知っているだけの曲を楽譜なしで正確に楽器で再現できる。
著名人として、モーツァルトがよく挙げられる。14歳の頃、二度聴いただけの門外不出のグレゴリオ・アレグリの《ミゼレーレ》を正確に楽譜に書き起こしたことから、絶対音感があったのではないかといわれている。

サヴァン症候群

知的障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、優れた能力を発揮する者の症状。能力の例として、特定の日の曜日を言える能力。書籍や電話帳、円周率、周期律表などを暗唱できる能力。並外れた暗算をすることができる能力などがある。

体から光を放つ能力

超常現象の専門家であるヘリワード・カーリントン博士によれば、ぜんそくを患っていたアンナ・モナロが寝ている間に青い光が胸の辺りから放たれている光景が数週間に渡って観察されている。今までに報告を受けた「発光する人間」は、全て病気の患者だった。

電球を持つだけで電気をつけられる能力

人が電気を蓄えたり、磁気を帯びたりするケースが報告されている。強力に帯電した人は、電球を持つだけで電気をつけることができたり、ステレオのボリュームを上げたりできますが、強力な静電気で他人を傷つけることもある。

炎への耐性を持つ能力

米メリーランド州の鍛冶職人であるネイサン・コーカーは、白熱した金属の上に立つことや、溶けた鉛を口の中で固まらせたり、赤く熱くなった石炭を持つこともできる。ネイサンの皮膚はとても頑丈で、火傷の後は一切残らない。

病気になった人々を癒しの力で治す能力

かつて、シャーマンと呼ばれる人たちは世界の至る所に存在した。シャーマンは部族の中心的存在であり、病気になった人々を不思議な癒しの力で治していた。シャーマンは通常、トランス(催眠)状態になり、霊(超自然的存在)と交信することで、患者に必要な治療を、殆ど体に触れることなく施術する。
今でも、世界には多くのシャーマン(ヒーラー)が存在する。

発火現象を起こす能力

ベトナム・ホーチミン市タンビン区に住むトゥイさんの身の回りの物から突然火が発生する不思議な事件が起こり始めた。コンセントやマットレス、ついには便器までもが発火、滞在したホテルの部屋でも、発火現象が起きた。トゥイさんの右脳には、いまだかつて前例のない異常な周波数が観測されているが、発火能力の詳細はいまだ分かっていない。

▼人間以外も持っている不思議な能力

1