1. まとめトップ

ちょっぴり楽しくなる、面白い社内ルール

バーゲンセール半休、ダイエット給など、仕事も会社もちょっと楽しくなるような社内ルールをまとめています。社員のモチベーションが上がるような社内ルール作成の参考例になる、オモシロ社内ルール集。

更新日: 2012年11月04日

12 お気に入り 24480 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

グラム売りダイエット

社内でダイエットを宣言したら、グラム1円から会社が「体重」を買い取ります。
3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月コースがあり、それぞれグラム単価が1円/g、5円/g、10円/g。
毎月20日に体重を測定し、マイナス分から金額を算定。ただし、期間内にリバウンドしていたら、増加分を1.5倍で買い戻していただきます。

失恋休暇

交際していること、もしくは片思いしてることがが周知の事実だった場合、失恋のショックから立ち直るために1日お休み。使用は1年に1回に限ります。

癒し癒され退社(任意)

退社する際は、一人一人に語りかけて帰ります。それぞれの人に違う語りかけをしよう!
先に退社する人は残ってる人たちにガンバレの掛け声を!
そして、残ってる人たちは先に退社するメンバーに、「ゆっくり休んで!や楽しんでね~」とねぎらいます。

サイコロ給

毎月給料日の前に全社員がサイコロを振ります。
毎月の固定給×サイコロの出た目%が、給与にプラスαされる制度。
面白いから振っているだけではありません!「給料なんて、サイコロで決まるぐらいがちょうどいい」。

野菜給

種まきや収穫をお手伝いした社員に支給するのが「野菜給」です。
大事に安全に育てられた、キュウリやトマト、ナスなど四季におうじて野菜はさまざま。

キーボード吹っ飛び感謝制度

キーボードのボタンが吹っ飛んだ人には、それだけ仕事をしているということで…
頑張って働いたその人と、そのキーボードに、みんなで「ありがとう」と言おう。
キーボードにも人にも、感謝の気持ちを忘れないという意味で提案したルールです。

毎週月曜日の本気じゃんけん

負けた人全員から誉められる喜びで、勝った人は月曜日からルンルン気分。
本気じゃんけん、月曜日朝礼にて大好評実施中。

コンサート休暇

どうしても行きたいライブ・コンサートの日は半休×2回または1日全休利用可能。半日単位でも取得できるので、午前中お仕事がんばって午後にはライブが楽しめる!というのもポイントが高いです。
むしろ午前中いつも以上に張り切る分、仕事が捗って効率的かも?!

社長のトイレ掃除&ゴミ捨て

面接を受けに行ったら、さっきの掃除の人がその会社の社長だった。
これっていいよね。

連続して4日間以上の有給休暇を取得することを条件に、10万円を支給

勤続1年以上の社員を対象とした休暇制度です。その期中に連続して4日間以上の有給休暇を取得することを条件に、10万円を支給します。

デート支援金制度

東京から1キロ離れるごとに100円を支給しています。ゴールデンウィーク(以下GW)と年末年始の長期休暇の適用する制度です。

毎月1回、社員全員に産地直送の無農薬野菜を配る制度

エンジニアはみんな仕事に没頭して、午後3時、4時頃にコンビニに昼食を買いに行き、パンやおにぎりで簡単に済ませているんですよね。もっと健康意識を高める方法はないかと思案して「野菜だ!」と閃きました。当初は「野菜手当」を考えていましたが、現物を支給したほうが実効性があると思い、無農薬野菜の生産者に直接電話をかけて、毎月1人1000円相当の旬の野菜を送ってほしいと交渉しました。

つぶやき決済

書籍やパソコンなど、欲しいものがある時に社長のTwitter上で購入の申請と決済がなされる、という制度です。ルールは申請の際に「#spicysoft」のハッシュタグを付けてつぶやくことです。その他には特にありません。決済権限をもつのは代表の山田ですが、打ち合わせ中などの場合を除いては、ほぼリアルタイムで、「いいっすね」「OK」「もう少し安くなんない」等の返信がすぐ返ってきます。

結婚報告はサプライズで!

結婚報告するときは、突然、不参加だった合宿に現れて、皆の前で発表するようにサプライズでしなくてはならない。

遅刻の罰則・全身タイツ

もしも1分でも遅れた場合は遅刻とみなします。その遅刻累積回数がひと月に5回を数えた時点で、全身タイツ着用が決定します。その翌日以降、内勤の日に全身タイツで終日過ごすという制度です。

ブログ手当て

スタッフブログの「閲覧ユーザ数」のランキングを毎月行い、 3位までに入賞したスタッフには、閲覧ユーザ数に応じたブログ手当を毎月支給します。

海外オフィス制度

『期間を決めて海外にオフィスと宿を借り、有志社員でおしかけて、基本的には普段日本にいるときと変わらない仕事を海外でやってみよう』という制度。

3本ルール

机の上に、飲んだジュースの空き缶や、ペットボトルを、3本以上置いてはいけない事になっています。
3本並んだ瞬間に、罰則決定します。

▼関連まとめ

1