2008年(平成20年)3月、僻地医療に20年も従事していた医師が「この村が、医師として最後の勤務地。人への愛情、興味が尽きない限り、診療を続けたい」と2008年(平成20年)2月に着任したものの、村人からの苛烈な嫌がらせにより、わずか4か月で辞意表示・着任から6か月で退職した

出典上小阿仁村 - Wikipedia

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20121003/14/1188574/18/218x283x9e8c323ab24dd1cc10cf29cc.jpg

栃木県の開業医だった松沢俊郎医師(67)が赴任されていました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

医師いじめの秋田県上小阿仁村に挑む新赴任医がすごい→結局即辞任

秋田県上小阿仁村で、村唯一の医療機関である上小阿仁村国保診療所に赴任する医師がつぎつぎとやめてゆく問題が発生。住民のいじめが原因などと報じられるなか、ついにマッドサイエンティストとされる次の医師の赴任が決定。村の診療所をめぐる状況をまとめました。が、この医師も一ヶ月足らずで辞任しています…

このまとめを見る