1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

アディダスとプーマ。 2つのメーカーは兄弟の骨肉の争いから生まれたものでした。

ドイツ、バイエルン北部の小さな町ヘルツォーゲンアウラッハで
靴職人の子供として育った兄弟は初めは仲良く会社を運営

ものづくりに秀でた技術者の弟、アドルフ・ダスラーと
販売が特異な営業マンの兄ルドルフ・ダスラー。

1936年に開催されたベルリンオリンピックをきっかけに兄弟のビジネスは大きく成長

ヒトラーがスポーツを国威発揚とゲルマン民族の優秀さをアピールする
機会と考えたため

やがて二人は経営方針の違いから次第に反目し合いようになった

1948年には互いの会社を立ち上げ

弟アドルフは愛称「アディ」に「ダスラー」を繋げて「アディダス」

兄ルドルフは名前を縮めて「ルーダ」としたが、垢抜けないので「プーマ」と改名。

川を隔てた兄妹の争いは町の人々までも巻き込んだ

市民同士が相手の履いているシューズを確かめてから会話を始めるほど

創業者の息子たちが前線を仕切るようになると優秀なスポーツ選手を広告塔に利用しはじめる

初めは選手との個人的な繋がりを深めて情に訴えたり、用具を無料で配布する程度のものだったセールス合戦は、すぐに札束戦となっていった

1