1. まとめトップ

元不動産屋が語る、賃貸マンション・アパートの賢い退去法テクニック集

退去時になにが決まるかといえば、それは借りていた部屋の修繕費です。意外とどんぶりだったりします。そこで修繕費を安くするテクニックのご紹介。よい大家と巡り会えれば賃貸はいい暮らし方と思います。

更新日: 2012年10月12日

263 お気に入り 60466 view
お気に入り追加

確認するまでもなく、借主がどういう人か思い出します。
家賃を値切ってきた人などでしたら、感情論として、物件が傷んでいないか厳しく見る必要が多いです。
平たく言えば、融通はきかない、厳しく査定する、オマケはないということです。

逆に滞納も特にない、個人的に好感の持てる人だったら、甘くします。

賃貸住宅紛争防止条例というものがありますが、昨今の不動産屋として特に意味はありません。

以前、一部の悪意のある不動産屋や貸主等が、借主に10倍近いリフォーム代を請求するなどを防ぐのが目的ですので、ほとんどの不動産屋は常識の範囲内の金額しか請求しないからです。

賃貸を紹介する業者は、すべての大手企業が有利とはいえませが、やはり財力に余裕のある企業が有利です。マンションを作って、売っている会社のグループ企業などが良いです。
背景として、1物件あたりの利幅が少なくても、顧客数やリフォーム業者との大口取引でカバーできるからです。

※1街の不動産屋などに汚い仕事はやらせ、自分(大手さん)たちはクリーンな企業に見せかける会社も、多くはないですがあります。
※2大手でも賃貸専門会社は別です。主な収益が賃貸のみだからです。

「付帯設備表」に沿って行います。例えば、床のどこにキズがどこにあるか、チャイムはきちんと動作しているか等、借りる部屋の設備の動作、故障具合の一覧表です。
ワンルームだと多くはないですが、2LDK以上のファミリー向けでしたら、賃貸契約時にもらいましょう。ないなら請求しましょう。
最初にあったキズはデジカメで撮影とセットがいいですね。

出典ameblo.jp

業者の定番です。傷を見つけて”全部交換させる”、”床の貼り直し”など。
『交換』ではなく『修復』でお願いしましょう。
電気製品に例えれば、新品で買い換える、と、修理して下さい、の差があります。

不動産屋や大家が、普通の感覚の持ち主なら、ありがといわれて悪い気はしませんし、嬉しいです。
部屋を大事に使ってくれたかもな、という気も起きます。

解約するのは電気、ガス、水道だけではありません。
賃貸住宅入居者専用の火災保険(家財保険・地震保険)を解約しましょう。2年更新で支払っているはずです。忘れずに連絡しましょう。保険料が戻ってきます。

私が退去するときにやっているコトですが、立ち会いの時に雑巾、バケツ、洗剤を用意しておきます。不動産屋から汚れを指摘された部分をその場で掃除をしました。
その際に、他にもありませんか?、など質問して自分でやれる範囲はやります!という姿勢をアピールします。

一般的に大家は家賃を支払う意思の感じられない入居者に対しては、家賃が3カ月溜まった段階で少額訴訟を検討します。
ですので、家賃を払う意志を示せば良いのです。たとえ、1000円でも良いので振り込めば良いのです。
大家、不動産屋は滞納が1ヶ月でもあれば、退去です、出ていってくださいという場合もありますが、法的に違法です。
家賃滞納は3ヶ月は待たなければならないのが、貸す側のルールです。契約書の文言も有効とみなされません。
これを借主にされるとほとんどの大家は泣き寝入りです。

一般に、家賃不払いが3か月以上なら賃貸借契約解除は有効になるといわれています。
この判例を根拠にして計算し、2か月半はだめ、3か月なら賃貸借契約解除は有効になるとしているのだろうか。
そんな単純な計算ではないようだが、一応の根拠にしているようです。
つまり民法第1条 2項  権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない、を前面に押し出しています。
賃貸借契約の解除が有効であるか無効であるかは、信義則によって、当事者間の信頼関係が破綻したがどうかで判断されるということです。
賃料が1か月延滞したからといって、直ちに契約解除することは有効ではないでしょう。
しかし、1か月遅れがずっと何年も続いたとしたら、信頼関係が破綻していると解釈できるでしょう。

1





Imagevirtuelleさん

いいサイト目指します。