1. まとめトップ

ドイツでは豚の挽肉を生で食べていた!!

ドイツでは豚の挽肉を生で食べていた!!衛生上のチェックと法規制もちゃんとされてるみたい。だけどの日本のかつての生レバーと同じで子供は食べないように注意だって!!!

更新日: 2016年10月05日

6 お気に入り 64525 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mototchenさん

メットの語源は、脂肪のない赤身肉、美味しい肉を意味するラテン語のmatteaから。

@melDieKatze 過去3年フランスで食べていますが大丈夫ですねぇ… 奥さま Guten Tag! tonarinoyj.jp/manga/okusama/ というマンガで,ドイツでは豚肉を生食すると知ってビックリです。 pic.twitter.com/4CQnhGrmxJ

メットヴルスト(Mettwurst)
赤身肉で作られるソーセージだが、同じメットヴルストでもドイツの南北で全く異なる。

 バイエルン州南東部を中心とする、ドイツ南部、オーストリアでは、味付けした生肉をビニールにソーセージ状に詰めたもの。
 レシピ一例は、豚挽肉におろし玉ネギ、ニンニク・ペースト、塩、黒胡椒、砂糖、パプリカパウダー、亜硝酸で味付けして、ビニール袋にソーセージ状に詰める。
 ポピュラーな食べ方は、メットヴルストをビニールから取出し、パンに乗せ、刻んだパセリを散らす。

 北ドイツ、フランス、オランダ、フィンランドでは、冷燻した後乾燥させたサラミのようなもの。

 上記はあくまで一例で、地域によってさらにレシピは異なる。

写真のものはZwiebelmettwurst(ツヴィーベルメットヴルスト)という玉葱入りのもの

ドイツでの法規制 EU統合前

ひき肉については、 ドイツでは厳しい法律があり、マイスターかまたはそれに準ずる資格者でないと、ひき肉を作れませんし、鶏肉などをひき肉にする機械は、豚肉、牛肉と機械 をべつにして、さらに作業する部屋も別にしなければなりません。

ドイツでの子供が食べないようにとの衛生当局の呼びかけ

関連

1