1. まとめトップ

クスッとする広告業界裏用語集

広告業界で使われる変な?裏の業界用語を集めてみました

更新日: 2012年10月06日

17 お気に入り 35551 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秋山田さん

朝イチ・午後イチ

本来は、朝イチ=9時30分、午後イチ=13時を指す時に用いるのが筋。 でも、業界では「どこが朝イチ・午後イチ」なのか全く分からない程、 個人によって受け止め方がマチマチのため、会議が成り立たない時が多い。 ひどい時は、朝イチ=10時過ぎ、午後イチ改め午後2時=ただの午後2時を 指すので、“イチ”には何の意味もない。

「じゃあ、次の打ち合せは、明日の午後イチということで・・・」 「午後イチね、了解了解」

あの人とは友達だよ

相手が著名な業界人の名前を発したら、臆せずに「あの人は友達だよ」と言いましょう。自分の顔の広さをアピールしたいときに効果的です。その人が講師を務めるセミナーに参加したことがある。パーティーなどで名刺交換をしたことがある程度でも構いません。「マブダチ」とまで吹いてしまうとボロが出ますので「友達」くらいにとどめておくことが安全です。

「えっ!あの人と友達なんですか!?じゃぁ今度紹介してください!」と返されたら、焦らず「あの人も忙しい人だからねえ、まあ今度会ったら一応話してみるよ」と一目散に逃げましょう。

一瞬いい?

正確には、「もしよろしければ、ほんの少しだけお話をしたいのだけど、今ちょっとだけ時間いい?」という文章を省略して「一瞬」にまとめ、「一瞬いい?」が出来上がった。
総じてちょっとだけで終わらない場合が多いので注意が必要である。

そんな恐ろしい用語であるため、「一瞬いい?」と聞かれた場合は5分~30分程度の時間は覚悟したうえで、「大丈夫です。」という返答をすることをおススメする。

確認します

本来は、その場で初めて言われた事に対して用いるのが筋。 でも、業界では百万回言われた事でも、全然確認していない場合が多いので ほとんど毎日のように、このコトバがあちこちで聞かれる。

「先週、頼んでいたタレントの契約料の件だけど、調べてくれた?」 「アッ・・・帰りまして早急に確認します」

仮押さえ

本来は、“確定ではないが、確度が高いもの”に対して用いるのが筋。 でも、業界では“とりあえず感覚”で使うので確度の高さを知る事は不可能。 特に“媒体スペース”“人のスケジュール”に関してこの言葉がよく使われる が、いつになったら“本当の押え”になるのか、発注した本人もわからない ため必ず「言った、言わない」「頼んだじゃん、聞いてない」といった不毛の やりとりが、あちこちで見受けられる。

「8月28日売りの“JJ”4C/1P、仮押さえしといてよ」 「分かった。仮押さえね?仮押さえだったら大丈夫だと思うよ」

完徹

「かんてつ」と読みます。「完全に徹夜した(もしくはする)」の意。
この言葉は「オレ忙しくて大変なんだよ!」アピールを目的として使用されるため、かわいい後輩を演じるあなたは「先輩!大丈夫ですか?何かお手伝いできることがあったら何でも言ってください。先輩が倒れたら会社が回りませんよ!」と自尊心をくすぐる一言を忘れないようにしましょう。

「いやー、まいったよ、結局オレ今日完徹しちゃった」などと使います。「疲れてるね、大丈夫?」 「まじでしんどい。今日で3徹目だよ」などのバリエーションがありますが、常人が一睡もせずに3日も仕事ができるわけはありません。だいたいの場合、AM4時か5時くらいから3~4時間は仮眠しているので心配はいりません。

完パケ

タスクを完全に終了させることを指します。「この提案書は明後日中の完パケ目標で進めよう」などと使います。もともとは映像制作用語。CM映像の編集や音入れが終了し、フォーマット組みが完了した映像の「完全パッケージデータ」が略されて「完パケ」になりました。

ファイル名に「120305_太平洋電機様ご提案書_【完パケ版】」などと付けられる場合がありますが、最終版に修正が入った場合、「120305_太平洋電機様ご提案書_【完パケ版の修正版】」などとなり、さらに「120305_太平洋電機様ご提案書_【完パケ版の修正版の今度こそ完パケ版】」など、最後は結局どのデータが完パケデータなのかよくわからなくなることも業界の愛らしい特徴です。

基本的には、OK。

本来は、ほとんど何の問題もなくOKな時に用いるのが筋。 でも、業界では、「全然OKじゃない。むしろやばい状況」 でも平気で使う時が多いので、全くあてにならない。

「CFのスポンサー試写どうだった?」 「基本的にはOK。でも2ー3ちょっとしたリクエストがあって・・・」 「どんなこと?」 「まあ、めっちゃやばいって訳でもないんですけど。同録で取ったタレント のコメントが気に入らない、っていいだして・・・まあ、最悪取り直しかな、 みたいな・・・」

逆にいうと

相手が言っていることと、全く逆のことを言うときに使う用語。
誰かの意見に対して反対のことを言いたいときに利用することが多いため、「逆に言うと」といわれた場合にはやさしく捉える場合「こんな考え方もあるよ。」的な意味合いを持つ。厳しく捕らえると「全然だめジャン」と、言われているのと同意義の場合もある。

A 「今度の商品さ。若い女の子がターゲットだから、若い子に人気の男性タレントを起用しようと思うんだ。」
B 「んー。それもいいんだけどね。逆に言うと、若い女が共感できるタイプの女優使ったほうがいいんじゃないかな?」

今日一杯

本来の意味としては、「今日一杯」といういうことは当日の23時59分までを指すことになる。
が、実際にはその翌日の朝までを指す場合に使われることが多く、一部の業界では翌日の午前中までを指す場合も多い。
基本的には「今日一杯」といわれた場合、当日中にその仕事が終わると思っていると痛い目に逢うことが多い。

A 「この仕事っていつまでだったっけ?」
B 「確か今日一杯までだったよ。」
A 「んじゃ明日の朝イチでやっつけるかなー。」

広告っぽくしたくない

本来は、“読んで字の如し=広告ではない”時に用いるのが筋。 でも、広告業界で“広告じゃない物”を作ることはあり得ない。 にも拘らず、制作者が「ダセーのは、やりたくねーよ」という時に、 意味不明で使う。 注☆反対語=「表現っぽくしたい」

「今回の商品は、堅いっていうか難しいのは確かだね」 「やるんだったら、広告っぽくしたくないなあー。表現っぽくしたいなあー」

ここだけの話

本来は、極秘の話を“相手を信頼してるから特別に話す”時に用いるのが筋。 でも、業界では「ここだけの話=皆が知ってる話」と言う意味に使うので、 こう言われたからといって「あー、俺はこいつに信頼されてるんだなー」等と 感違いしてはいけない。だいたい、この手の話は関係者の95%が知っている ので、誰も知らないだろうと思って「お前、知ってる?実はさあー」なんて 得意げに言うと恥をかく。

「例の新番組の件、何か分かった?」 「ここだけの話、あの新番組は企画が没らしいぜ」

シズル感

もうヨダレじゅるじゅるで、食べたくてしょーがねーよ。って時に使う業界用語。
sizzleの本来の意はステーキがジュージューいっているのを表した擬音語。
広告を作るときなど、より美味しさを演出したい時などに使われる。
最近では食品だけでなく、人(主に女性)や、景色にもシズル感という単語を使う人も増えてきた。

山田「この写真、シズル感が出てないと思うんだよね。一緒に写ってる女性は綺麗に取れてけど、肝心のビールがね。」
高橋「つい女性の方のシズル感を重視しちゃいまして。」

最悪

本来は、本当に“最悪=どうにもならない状況”の時に用いるのが筋。 でも、業界では“最悪=普通の状況”として使うので、状況を把握するのには 何の役にも立たない。 また、“最悪”といった時点で物事はその状態で進んでいくケースが多い。

「このコピーじゃ、ちょっと辛いんじゃないかな。別案ないの?」 「最悪これでいこうよ。悪くないよ、これ」

じゃぁまぁそんな感じで

長い会議の最後に発せられる黄金の一言。話があっちこっちに行き、次までに誰が何をしなければならないのか全く何も決まっていない状態。そんな未来への不安を全て払拭し、「まぁそんな感じかな」とあたかも有効な会議だったかのように全員を錯覚・安心させる魔法の言葉。

「まあ、いろいろ意見も出たし、今日はフレームづくりだから、 こんなとこでいいんじゃない?次は来週の水曜日にでも、もう1回ももうよ」 「じゃぁまぁそんな感じで。ども、お疲れさまでした」

1 2