1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

あまり知られていない 実は名作な映画集

興行成績などでははかれないおもしろい映画はたくさんある。知らないだけで人生をそんしていませんか?メジャーな作品ばかり見ている人も世界を広げてみましょう!

更新日: 2014年12月16日

2209 お気に入り 181132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takashi22さん

興行成績などでははかれないおもしろい映画はたくさんある。知らないだけで人生をそんしていませんか?マニアック過ぎないセレクトなので誰が観ても楽しめます。

結構メジャー作品

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

余命宣告をされた二人の男がはちゃめちゃやるちょっぴりセンチで楽しい作品です。これは大好き。似たような作品がありますが、こっちのほうが全然面白いしかっこいいです。死ぬ前はこうしたい。

マジェスティック

ジムキャリー作品にハズレはないです!さらに「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」の監督フランク・ダラボンの作品だし。
記憶喪失の男がある街にたどり着いた。街の住人はその男を戦死したはずの青年にそっくりだったため帰ってきたと思い大喜びするのですが、徐々に男の記憶が戻ってきて…。街の人とのつながりが心温まるいい映画です。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

これはスティーヴン・ スピルバーグ監督の作品なので知ってるかな?ディカプリオとトムハンクスだし。
実在した詐欺師の話です。弁護士になったりパイロットになったり医者になったり!とにかく痛快なアメリカらしい大好きな映画です。CGなんていらないんです、こういうのがみたいんです。

海の上のピアニスト

これは有名だけどなんとなく見てない人多いと思います。船に捨てられた赤ん坊が船の上で育ち凄腕のピアニストになるが生涯船を降りずに死ぬ。っていう文字にしたら単純だけど友情とか絡んでていいのよ。僕もなんかタイトルとか設定でどうせつまんないだろって見なかったんですが、これが意外といい映画でした。ショーシャンクとか好きな人はわりかし楽しめる作品だと思います。
100%ハッピーエンドじゃない感じがまたむず痒くていいのかも。

レンタル屋でいつも気になる

世界最速のインディアン

つまらなさそうなタイトルですが、これは名作です!インディアンとはバイクの名称でおじいちゃんが古いポンコツバイクを改造して夢をおいかけてドラッグレースを目指す”実話”です。内容聞いてもつまらなさそうに思うでしょ?でもこの映画はロードムービー仕立てになっていてとてもおもしろいです!絶対に損はさせません!騙されたと思って観てごらんなさい。

リトル・ミス・サンシャイン

美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の最終審査に通過したぽっちゃり気味の少女・オリーヴのために、あらゆる問題を抱えたその家族が黄色のVWバスに乗って会場まで連れて行くその道中を描いたコメディ映画またはロードムービーである。
最高に幸せなロードムービーだな〜。この映画が嫌いだっていう人は人間的にどうかしてると思うくらいいい。

アクロス・ザ・ユニバース

ビートルズの曲で物語が展開していくビートルズ好きにはたまらない映画。ちょっとミュージカル仕立てな演出もあるけど、ミュージカル嫌いの人でも楽しめる作品。なんだそっち系かと観ないのはとてももったいないくらい素敵な恋の物語に仕上がってますよ!最後はやっぱりアノ曲で!

プール

かもめ食堂系列の作品です。タイでのお話なのですがいつもどおりそんなに大きな展開があるわけではないのですが、人生に迷った時に見て、主人公が何か失う物があっても「好きなことをするほうがいいと思う」というセリフで救われました。この手の雰囲気好きなんです。

セレンディピティ

クリスマスに出会った男女はお互い惹かれあうが、お互い恋人がいる。もしもう一度出会えたらそれは運命だ!ということで二人は5ドル札と本にお互いの連絡先を書いて5ドルを使い本を古本屋に売った。それが回りまわって相手のもとに届いたら…。
っていうロマンチックな話。普段恋愛ものは嫌いなんですが、これは男も胸キュンです。

イントゥ.ザ.ワイルド

ショーンペンが監督。これは実在した人物の物語。物で溢れた現代社会に嫌気がさし、財産を投げ捨て無一文で旅をし、アラスカを目指す青年。旅の最後に幸せとは何か気づくのです。しかし…。映像も綺麗だし色んなことに気づかされる人生ですごく大事な作品。

マイナーだけどおもしろい

ラースと、その彼女

吉高由里子もおすすめしたこの作品。
ラースは心優しく町の皆に好かれて いる青年だが、とてもシャイで特に女性と話すのが大の苦手。ある日ラースは彼女が出来たと町のみんなに紹介するが、それはダッチワイフの人形だった。町の人たちはラースを気遣いダッチワイフを人間として扱う笑えてハートウォーミングな作品。これは特に見て欲しい。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

これは絶対オススメ!B級映画の最高峰でしょう!ホラーじゃないです120%コメディです。
仲のいい中年男のタッカーとデイルは、手に入れたばかりの別荘で休暇を過ごすため森へやって来る。しかし、近所にキャンプに来た大学生グループから、その森に住む殺人鬼と勘違いされてしまう。二人はチョーイイ人なのに大学生グループの「奴らは極悪な殺人鬼だ」という勘違いによって、人を助けようとするとどんどん最悪な展開にwww例えるならアンジャッシュのコントみたいなすれ違い映画で本当におもしろい。

日本で劇場公開されていないが、とてつもなくよく出来た作品。「11:14」
この時間を軸に、いくつもの話がテンポよく編み込まれていく。
映像も音楽もイイし、役者もそれぞれナニゲに魅力アリ。
ちょっと楽しいオープニングから86分間、飽きることがない。
そしてエンディングを迎えて得たのは、なんともいえない不思議な爽快感。

ショーン・オブ・ザ・デッド

ゾンビ映画をコメディにした作品ですwww。かなりおもしろい。ゾンビの真似して歩けばゾンビにバレないとか設定がゆるすぎwこれは完全にコメディーなので暇なときに観てください。笑えます。

クレイジーズ

ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督のザ・クレイジーズのリメイク作品。
これはゾンビ映画ではなくてあくまで感染系なんだけど、本当にずっとドキドキしっぱなしの傑作だった!ゾンビ映画ばっかり見てる人も納得の素晴らしい作品。

けものがれ、俺らの猿と

町田康原作のかなりアナーキーな作品です。売れない脚本家が映画製作に関わり、どんどんおかしな人たちや出来事に巻き込まれていく。
この作品の見所はなんといっても鳥肌実でしょう!かなりクレイジーでおもしろい。映像もかっこいいです。

かなりマニアック。観なくてもいい

悪魔の毒毒モンスターズ 東京へ行く

毒性廃棄物を浴びてモンスターとなった、いじめられっこ青年メルヴィン。無敵の力を手に入れた彼は、モップ片手の残虐ファイトで悪人(いじめっこ含む)を皆殺しにして、町の平和を取り戻す見た目はキモイヒーロー物。でもとにかくバカすぎる映画でコアなファンが多い作品。安岡力也と関根勤もなぜか出演。ww

1