1. まとめトップ

【英語】現在完了形を完全にマスターする

日本語にはない現在完了形。でも英語ではよく使います。マスターしたい!!

更新日: 2014年07月14日

170 お気に入り 220592 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

文法書に出てくる「継続、経験、完了、結果」なんて覚える必要なし!

現在完了形とは、have[has]+過去分詞(p.p.)の形で、次の4つの意味のいずれかを表すものです。
1継続ずっと~だ・ずっと~し続けている
2経験~したことがある
3完了~し終わった・~したところだ
4結果(~した結果)・・・


どの意味になるかは、その文中に使われている副詞・副詞句・副詞節や前後の内容で判断します。

な~んて文法書には書いてあるけれど、混乱を助長するだけ。そんなこと覚えなくてもマスターできます!!

現在完了形は大きくわけて2つ!

出典ameblo.jp

I have been to America.
アメリカにいったことがる、のように経験をあらわす。

I have lost my key.
鍵をなくした。
日本語で書くと訳が過去形になってしまいますが、訳につられないようにしましょう。直近の過去に鍵をなくし、それが現在も見つかっていないことをあらわします。

アメリカ英語だと過去形を使う。

訳:鍵をなくした。見てない?
英語
I have lost my key. Have you seen it?
米語
I lost my key. Did you see it?

アメリカ英語だと現在完了形を使わずに過去形を使うことが多いです。

そもそも過去形との違いって??

過去形との違いは「今もやってるか、やってないか」の違い。
2つの時制で比べてみると

現在完了形
I have dated for 3 years.
彼女と3年間デートしてる。
意味:彼女とは3年前からデートをしていて、現在もその関係は続いてます。

過去形
I dated her for 3 years.
彼女と3年間デートした。
意味:彼女とはむかし3年間デートした、いまはしてない。これを聞いた人は「え、別れちゃったの?」と思う。

日本人がやりがちなミス

「メールを受け取ったのは過去の一回だから過去形だな、うんうん。」と過去形にしがち。今もメールは手元にある状態なので現在完了形にする。過去形にすると、メールを受け取り、その後削除したように感じる。

要注意な文章 have been to, have been in, have gone

経験の意味で用いるhave been to, have been in, have goneは混乱しやすい!しっかり覚えましょう。

I have been to America.
アメリカに行ったことがある。

She has gone to America.
彼女はアメリカに行っている(まだ帰ってきてない)。

I have been in America.
アメリカにいる、住んでいる。=I have lived in America.

●こちらもおすすめ

1