1. まとめトップ

週刊GreenPost 44号 - しなやかな技術研究会 2012/10/15-19日版

再生可能エネルギーニュース - ”しなやかな技術”に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案 編集・発行 しなやかな技術研究会 http://greenpost.way-nifty.com/

更新日: 2012年10月19日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 8627 view
お気に入り追加

[次回のまとめ 週刊GreenPost 45号 - しなやかな技術研究会 2012/10/22-26日版]
http://matome.naver.jp/odai/2135017703480765101

p2 ■おすすめエントリー(過去の記事から) ■ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2134972676232552801?page=2
p3
http://matome.naver.jp/odai/2134972676232552801?page=3
p4 ●気になる話題 
http://matome.naver.jp/odai/2134972676232552801?&page=4
p5
http://matome.naver.jp/odai/2134972676232552801?&page=5
p6 ●気になるツィート ■気になるまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134972676232552801?page=6
p7 ●Twilog
http://matome.naver.jp/odai/2134972676232552801?page=7

[バックナンバー]
しなやかな技術研究会 まとめ* Index*
http://goo.gl/1DyMl

[前回のまとめ 週刊GreenPost 43号 - しなやかな技術研究会 2012/10/9-12日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134896430253830001

----------------------------
注:右のカラムに表示される「関連商品」や広告は、GreenPostが選んだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■今週のGreenPostの記事

千代田化工建設は、イタリアの太陽熱受容チューブメーカーであるアルキメデ・ソーラー・エナジー(Archimede Solar Energy : ASE)社に15%出資したと発表。ASE社は、溶融塩パラボリックトラフ型太陽熱発電(MSPT-CSP)用の核となる技術である溶融塩集熱管を製造できる世界で唯一のメーカーであるとのことです。

GEは、エクストリームパワー Xtreme Power 社との共同体制で”Durathonバッテリー Durathon Batteries”の本格営業展開を行うことを発表。このナトリウム金属ハロゲン化物(NaMx)を含む電力貯蔵システムを開発に本腰を入れる

-----image : GE Energy Storage : brochure「Durathon Batteries」より
http://geenergystorage.com/performance-profile

岩手県の達増(たっそ)知事は、一戸町高森高原に2.3MW 11基からなる、合計25.3MWの蓄電池等併設型風力発電所建設する計画であると発表。この高森高原風力発電所(仮名)は、蓄電池を利用し出力制御を行う出力変動緩和制御型風力発電所となるとのことです。

-----image : 一戸町 重点プロジェクト : 新エネルギー導入を推進するための先導的役割を果たす、4つの重点プロジェクトを紹介します。より
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2012/10/23mw-11253mw-f5.html

三菱自動車は、年明けに発売予定のアウトランダーのプラグイン・ハイブリッド車 PHEV を先週開催されたパリモーターショーに出品。その全容が明らかになりました。

オーストリアのベンチャー企業、ecoduna社のhanging gardensという、緑藻の生産する施設が建設された。屋内の温度管理などができるサンルームのような環境で、バイオリアクターが回転し藻の繁茂をを促進するしくみ。食料・栄養関連、バイオ燃料への応用などが大規模な施設で試される。

- 緑藻関連の施設としてのハンギングガーデン hanging gardensは、オーストリアのような土地でも生産施設を稼動できる可能性を示す点で興味深い。一方、アメリカやオーストラリアでは、露地での大規模なオープン・ポンドという施設が建設されています。

京セラの多結晶太陽電池。自らの得意分野にしぼった戦略は、世界で生き残るために一定の成果をあげているようです。京セラの太陽光発電の話題をいくつか

-----image : 「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」安全祈願祭の開催-----京セラ、2012年09月03日 より
http://www.kyocera.co.jp/topics/2012/0901_maru.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■おすすめエントリー(過去の記事から)

1 2 3 4 5 6 7





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。