岩手県の達増(たっそ)知事は、一戸町高森高原に2.3MW 11基からなる、合計25.3MWの蓄電池等併設型風力発電所建設する計画であると発表。この高森高原風力発電所(仮名)は、蓄電池を利用し出力制御を行う出力変動緩和制御型風力発電所となるとのことです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

週刊GreenPost 44号 - しなやかな技術研究会 2012/10/15-19日版

再生可能エネルギーニュース - ”しなやかな技術”に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案 編集・発行 しなやかな技術研究会 http://greenpost.way-nifty.com/

このまとめを見る