1. まとめトップ

愛と平和が友達じゃねぇぇぇえ! アンパンマンの原画がシュール過ぎる件

子供が大好き、アンパンマン。その原画が予想以上にシュールで怖いことは皆さんご存知ですか?いまよりも人間ぽく気持ち悪いアンパンマンの原画についてまとめてみました。

更新日: 2013年10月17日

17 お気に入り 151786 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ikuo00ukさん

ご存じ皆のヒーローアンパンマンです。

あんぱんで顔が成り立っていて、顔がいつでもリニューアル可能なヒーローですが、その元ネタは全然可愛くないのです。むしろホラー

■アンパンマン初期設定の秘密

初期のアンパンマンはただお腹がすいた人々にあんパンを届けるだけだったらしい

アンパンマンは最初鼻がとれたらしい、ジャムおじさんは鼻を持ち歩いていた。

鼻持ち歩きって怪奇殺人者みたいですね。

アンパンマンはおじさんで、戦争で親を失い飢えに苦しむ子供たちのためにパンを焼いて(たぶん飛行機で)空を飛んで子供たちに届けにいくんです。哀れアンパンマンは飛んでるところを高射砲で撃ち落され死んでしまいます

■問題の絵

3?

いや4等身?

とりあえずなんでこんな足長なんですかあんた。

元ネタともいわれますね。
ただのおっさんです

原型作品は、1969年に「PHP」誌に連載されていた(大人向けの)読み物『こどもの絵本』の第10回連載「アンパンマン」。このときは頭部も普通の人間で、ただし空腹の人のところにパンを届けるという骨子は同一

なんか正義のヒーローって感じがしません。

アンパンの中悪いことばっかにみえます。

とりあえずあんまかっこよくないですね。

アンパンマンは、マントを切られてしまうことがよくあります。その度に、バタコさんが縫い直すのは、ご存知の通りマントがないと飛ぶことができないからです

バタ子さんのおかげですね。

顔がないアンパンマンは、ヘソを使って言葉を話すということになります。また口ではなく心で言葉を話すという設定もあります。

ジャムおじさんも平気で笑っていますね。
子供みたらびっくりですよ。

■twitterの反応

僕の顔をお食べと言えば、絵本初期のアンパンマンって顔割って渡すんじゃなくて、跪いて顔を差し出すんだよね。あれは中々衝撃映像だった…。

■関連リンク

1