1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

suzuzuruさん

僕の中には直子の思いでがあまりにも数多くつまっていたし、それらの思いではほんの少しの隙間をもこじあけて次から次へと外にとびだそうとしていたからだ。

ノルウェイの森

「でも可哀そうなおとうさん。あんなに一生懸命働いて、店を手に入れて、借金を少しずつ返して、そのあげく結局は殆ど何も残らなかったのね。まるであぶくみたいに消えちゃったのね」「君が残ってる」と僕は言った。

ノルウェイの森

何も考えてはいけない、と僕は思った。想像してはいけない。間宮中尉は手紙の中でそう書いていた。想像する事がここでは命取りになるのだ 。

ねじまき鳥クロニクル

宗教とは真実よりもむしろ美しい仮説を提供するもの 。

1Q84

だから正確に言えば、私はここでの仕事を楽しんでいるというわけではないのです。私はただ、この仕事を全体的に受け入れようとしているだけです 。

ねじまき鳥クロニクル

自分がどこにいるのかも定かではなかった。正しい方向に進んでいるという確信もなかった。ただどこかに行かないわけにはいかないから、一歩また一歩と足を運んでいるだけだった。

ノルウェイの森

文章を書くのは嫌いじゃないんだ。書いているとリラックスする。でも書いている内容はゼロなんだよ。何の意味もない。

ダンス・ダンス・ダンス

この人と一緒にいる限り私が悪くなることはもうないだろうってね。ねえ、私たちの病気にとっていちばん大事なのはこの信頼感なのよ。

ノルウェイの森

頭が悪いんじゃなくて、普通なんだよ。僕にも僕自身のことでわからないことはいっぱいある。それが普通の人だもの。

1Q84

全体的な回避、なにごろによらず物憂いんですね。自分が苦しみに耐えるのに精いっぱいで、ほかの行為に向けるべきエネルギーに余裕がなくなってしまうわけです。

アンダーグラウンド

息をのむような素晴らしい思いをするのも君ひとりなら、深い闇の中で行き惑うのも君ひとりだ 。

海辺のカフカ

人間というのはじっさいには、そんなに簡単に自分の力でものごとを選択したりできないものなんじゃないかな。

海辺のカフカ

彼女の求めているのは僕の腕ではなく誰かの腕なのだ。彼女の求めているのは僕の温もりではなく誰かの温もりなのだ。

ノルウェイの森

自分がどこにいるのかも定かではなかった。正しい方向に進んでいるという確信もなかった。ただどこかに行かないわけにはいかないから、一歩また一歩と足を運んでいるだけだった。

ノルウェイの森

我々は高度資本主義社会に生きているのだ。そこでは無駄遣いが 最大の美徳なのだ。政治家はそれを内需の洗練化と呼ぶ。

ダンス・ダンス・ダンス

面白みというものは蛇口をひねってコップに注ぎ、はいどうぞとさしだせるような種類のものではないのだ。あるときにはそれは雨乞いの踊りをさえ必要とする。

回転木馬のデッド・ヒート

いいえ、神様だって不幸なものの言うことには耳を貸そうとはなさらないのです。

ノルウェイの森

文章を書くのは嫌いじゃないんだ。書いているとリラックスする。でも書いている内容はゼロなんだよ。何の意味もない。

ダンス・ダンス・ダンス

外からやってくる力の作用を、歯車を使ってうまく調整し、受け入れやすく変換していく。そうすることによって傷つきやすい生身の身体をまもっている。

スプートニクの恋人

神が人を試せるのなら、どうして人が神を試してはいけないのだろう?。

神の子どもたちはみな踊る

これまでもずっと含まれていたし、これからもずっと含まれている。ここからすべてが始まるし、ここですべてが終わるんだ。ここがあんたの場所なんだよ。それは変わらない。あんたはここに繋がっている。ここがみんなに繋がっている。

ダンス・ダンス・ダンス

最初からああだこうだとものごとを決めずに、状況に応じて素直に耳をすませること、心と頭をいつもオープンにしておくこと。

スプートニクの恋人

でも僕は思うんだけどね、もし本当にぎりぎりのところまで行ったら、君はひょっとして最後まで行きたくなったんじゃないかな。それは君が思っているよりもずっと簡単なことだったかもしれないよ。

ねじまき鳥クロニクル

そこには危険がある。それはもちろんよくわかるよ。そのまま走ってどこかに逃げてしまうのがいちばんかもしれない。それでもそこにあるはずの秘密は、私をどうしようもなく惹きつける。

1Q84

この世の中に、何も求めるべきものを持たない寂寥感ほど過酷なものは他にありません。

ねじまき鳥クロニクル

何も考えてはいけない、と僕は思った。想像してはいけない。間宮中尉は手紙の中でそう書いていた。想像する事がここでは命取りになるのだ 。

ねじまき鳥クロニクル

大事なのは、他人の頭で考えられた大きなことより、自分の頭で考えた小さなことだ。

スプートニクの恋人

日曜日には子供は、子供達同士で心ゆくまで遊ぶべきなのだ。人々を脅して集金をしたり、恐ろしい世界の終わりを宣伝して回ったりするべきではないのだ。そんなことは大人たちがやればいい。

1Q84

ぼくにはあなたの勇気と正義が必要なんです。あなたがぼくのうしろにいて、『かえるくん、がんばれ。大丈夫だ。君は勝てる。君は正しい』と声をかけてくれることが必要なのです。

神の子どもたちはみな踊る

チベットにある煩悩の車輪と同じ。車輪が回転すると、外側にある価値や感情は上がったり下がったりする。輝いたり、暗闇に沈んだりする。でも本当の愛は車軸に取り付けられたまま動かない。

1Q84

1 2 3

関連まとめ