1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

11兆3000億ウォン(約1兆1921億円)相当の自社株買いを行うことを明らかにした。当局への届け出によると、自社株を最大4段階に分けて購入し、消却する。これを受け、同社の株価は5カ月ぶりの高値をつけた。

 同日発表された7~9月期(第3四半期)決算では、最終利益が少数株主持ち分を除いたベースで5兆3100億ウォンと、ブルームバーグが集計したアナリスト29人の予想平均(5兆4000億ウォン)を下回った。

 同社は「為替レートが第4四半期にプラス効果をもたらすことを期待できず、第4四半期の利益は前四半期より減少する」との見通しを示している。

 サムスンは120ドル(約1万4500円)の割引プログラムなどを展開したが、高性能スマートフォンで米アップルとの競争に苦戦しており、株価の重しとなっている。

スマホ事業の業績が悪化するサムスンに残された道を、筆者が考察している
問題は製品に魅力がないことだとし、テレビ事業が同じ道を歩むことを懸念
噂される世代交代が、飛躍のチャンスとなるケースもあるとしている

中国市場では小米科技(シャオミ)が出荷台数で韓国サムスン電子を上回って1位となっており、中国のスマホメーカーはすでにグローバル市場でサムスンを脅かしつつある。中国メーカーは実力を磨き、競争力を蓄えると同時に、価格面での優位も十分認識しており、韓国の消費者もネットを通じて中国製スマートフォンを海外から購入するようになっている。

韓国の消費者の中国製品に対する見方も変化しており、以前のように「価格は安いが、品質は低い」というイメージが払拭されている。中国メーカーはサムスンが以前してきたように模倣から品質を上げ、現在では韓国でサムスンのライバル

アップルの一部の製品がサムスン電子の特許を侵害していると認定、iPhoneとiPadの一部の旧式モデルについて輸入と販売を禁止する命令を出していた。

 マイケル・フロマン米通商代表(USTR)が拒否権の行使を決定した。フロマン代表は決定の理由について、特許の所有者が「過度な影響力」を持つことや消費者や米国内の競争条件に悪影響が及ぶ可能性があることを懸念したと述べた。

 フロマン代表はサムスンは引き続き法廷で特許侵害を訴えることができると述べた。

 政権がITCの輸入禁止令を覆したのは1987年以来初めてとなる。

 ITCの命令を受けて、米国の反トラスト法の執行部門からは懸念の声が出ていた。また、この問題で相反する意見を持つテクノロジー企業各社がオバマ政権に対して積極的なロビー活動を行っていた。

後発国あるいは後発企業が先行者の努力や多大な投資を横目に、結果だけを見て効率的に量産化し、先発企業に追いつくことを指す。

サムスンの工場は日本人技術者だらけ!?

出典http://news.livedoor.com/article/detail/7066092/

自社の商品開発に有効と思われる特許を拾い上げ、その特許をいかに潜り抜けるか研究する

出典http://biz-journal.jp/2012/10/post_811.html

1