1. まとめトップ

【モテ女】桐谷美玲が実践している小顔作りと美容法まとめ【モデル】

千葉のNO.1美少女」としてスカウトされモデル、女優と活躍されている桐谷美鈴さん。男性から大人気の彼女の美容法と小さすぎる顔の作り方などをまとめてみました

更新日: 2017年03月23日

2261 お気に入り 517864 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

roreioさん

出典ameblo.jp

生年月日 1989年12月16日

現年齢 27歳

出身地 日本・千葉県

血液型 A型

身長 / 体重 163.5 cm / 39 kg

BMI 14.6

スリーサイズ 78 - 57 - 83 cm

◆小顔の秘訣◆

・桐谷美鈴さんの顔のマッサージ法

(1)耳の下のリンパの部分を人差し指を曲げてギューっと押し、そのまま耳の下から鎖骨までリンパを流す

(2)痛いぐらいリンパを押した後、両手をグーにして顔の頬のエラの部分に当て、上下に動かしたり押したまま円を描くようにしてほぐす 
   ※この部分をほぐすと小顔になるそうです。

このマッサージは小顔やむくみなどに効果があるとのこと。
メイクさんに教えてもらったり、自分でサイトで調べたりして独学で覚えて効果があるなと感じたとのこと

桐谷美玲さんはこの小顔マッサージが大好きで、更に小顔になる為に少し時間が開いた時などに行なっているそうです。

※確かに顔のエラの部分は老廃物が集まってくる場所。ここに老廃物が溜まっている人はマッサージすると少し痛みが感じられゴリゴリなります。ここをほぐして老廃物を流してあげると小顔に近づきます

・他にも整体マッサージによく行く
 行きつけのマッサージ屋さんがあるほどマッサージ好き

◆カワイイあひる口の秘密◆

・桐谷さんと言えばあの可愛らしいあひる口
 愛用のリップは ROSEBUD SALVE(ローズバットバーム)だそうです
 モデルさんの愛用者も多いほど人気のリップ
 べたべたせずになじみうやすいので乾燥の気になる肘や手に使ったり、ネイルケアで指先につけたり
 様々な使い方をしているという口コミ多数の人気のコスメ

◆キレイなパッチリ目の秘密◆

・リラックスしたい時はメグリズムの『蒸気でホットアイマスク』を愛用

@コスメでも口コミ好評!
目の周りを温めると目の周りの筋肉の疲労回復だけではなく血行が良くなるのでクマ対策にも
また、疲労物質の排出が促されます

※同じシリーズの『蒸気の温熱シート』も愛用

◆食事◆

・『スゴイダイズ ヨーグルトタイプ』が好きで食べているそうです
 
実は乳製品が苦手だそうですがこのヨーグルトは好きでたべているそうです

※このスゴイダイズはまるごと大豆飲料の栄養と生きて腸まで届く植物性乳酸菌が摂取でき、美容効果抜群!
その上乳成分は0%。だから気になるコレステロールもゼロです
しかも濃厚でおいしい

・バランスよく食べて健康的な美をてにいれることがいちばんキレイになる方法だとおっしゃっています

・ビタミン補給を大切にしている
 ビタミン不足が続いているときはフルーツをよく食べる

毎朝欠かさずに摂っているのがグリーンスムージー!
自分で野菜やフルーツをミキサーにかけてジュースを作っているんだとか!

他にも野菜中心の食事を心がけており、筋肉も維持するために適度にお肉も食べています。
けれど、お米や麺類などの炭水化物はダイエットのためにあまり食べないんだそうです★

◆ 通っている美容室 ◆

◆その他の美容法◆

アロマキャンドルやアロマオイルを使ってリラックスを心がけているそうです。

◆メイク動画◆

11月1日発売の雑誌「mini」12月号誌面では「桐谷美玲になりたい」と題された特集が8ページに渡って展開され、“彼女らしさ”を押さえたファッション&メイクを本人コメント付きで紹介している。

同企画の質問コーナーでは、おしゃれのポリシーや好きな男性のタイプ、座右の銘など幅広い質問に回答。誰もが羨む小顔の持ち主である彼女だが、その秘訣は「リンパマッサージ!」。ドラマや映画など仕事が多忙を極める中でも「お風呂あがりや朝、時間があるときに手でしてる」と、日々の細やかな桐谷流ケアを明かした。

桐谷美玲の顔の長さってたしか18cmだったよな~小顔だ

◆ 愛用コスメ ◆

こちらはコンシーラーになります

ローラメルシエ シークレットカモフラージュ 

雑誌で使っているコンシーラーを紹介されていたそうです

すぐれたカモフラージュ効果で気になるシミや色ムラ、小じわや赤み、影などをナチュラルかつ思い通りにカバーし、長時間キープするコンシーラー。2色セットで肌色になじみやすく、誰もが簡単にフローレスな肌を手に入れられます。

桐谷さん愛用のアイブロウ

る場所が一目で分かるパウダー配置。
眉頭から眉山は2色のふんわりパウダーで、眉尻は落ちにくいしっとりパウダーで描きます。パウダーを合わせて使うことで、簡単に自然な眉に仕上がります。

1