1. まとめトップ
  2. カラダ

季節の変わり目の辛い症状「寒暖差アレルギー」にご注意!

朝晩が冷えてきました。熱もないし目もかゆくないのに、何故か鼻水が止まらない…そんな人はもしかしたら「寒暖差アレルギー」かも。

更新日: 2012年10月11日

328 お気に入り 211092 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cerisierさん

●鼻水がとまらない
●くしゃみもよく出る
●カゼかな?と思うけど熱はない
●秋の花粉症?でも目は痒くならない
●やっぱり鼻水がとまらない

思い当たるフシはありませんか?

real.to/akn0tks ほんとにくしゃみ止まらないヽ(´ー`)ノ風邪なら熱でろや。(笑)

今日すごい鼻水出るんだけど、これってもしかして恋かな。

寒い! めっちゃ寒い! あと頭痛くて鼻炎気味! 恋か!

それは「寒暖差アレルギー」と呼ばれる症状かも

●目・・・炎症があるかどうか
充血していなかったら寒暖差アレルギーの可能性あり。

●鼻・・・鼻水の色
透明だったら寒暖差アレルギーの可能性あり。

あくまで可能性です。
ちゃんとお医者様に見てもらいましょう!

疲れやすかったり、食欲が落ちたり、寝不足などの症状もみられる

花粉症や鼻炎、ほこりなどのアレルギーでないのに、咳や鼻水、くしゃみの症状が治まらない場合は「寒暖差アレルギー」が疑われる

寒暖差は自律神経にも影響を及ぼすそう。この鼻炎も自律神経の乱れと関係があるようです。

寒暖差アレルギー…もしかしたらそうかもー。気温が激しく上下すると体調がへん。いやそれは普通か・・・

おお、寒暖差のアレルギーでも花粉症の症状が出るそうですよ、奥様!

どんな人がなりやすいの?

女性は男性に比べて筋肉量が1割も少なく、
体内で熱を作るのがニガテ。

大きな寒暖差には自律神経が適応できず、体がアンバランスな状態に。

秋冬でも頑張って足を出す格好をしていると、
冷えてしまうかも…

どんな対策が効果的?

マフラーや手袋、厚手のタイツや靴下を着用して、しっかり防寒をし冷たい外気に触れる部位を減らすことが大事。

寒暖の差がある空間を出入りするときは、マスクを付ける。

鼻の粘膜を蒸気で潤し温める効果もあるので寒暖差を作らないということに適している。

温度調節できる服装(カーディガン、マフラー、腹巻き、ひざ掛け)などを準備

部屋の内外の出入りが激しい人は特に、
すぐに脱ぎ着して調節できる服装を心がけて。

血行を改善することで、新陳代謝を向上して寒暖差への適応力をつける

軽い運動をすると血行がよくなり、新陳代謝もアップします。

体を温めて免疫力をアップ。
お風呂の蒸気も、鼻のためには良いことです。

1 2