出典 WORLDSさんがアップロード

炭素原子が1原子厚さで蜂の巣状に結合した構造

昔からその存在自体は示唆されていたが、発見に至ることはなかった。
2004年にガイム氏、ノボセロフ氏によって発見される。2010年にノーベル物理学賞を受賞することになる。
その大きな要因としては、優れた物性を有しているということと、実験室で簡単に形成できるためである。

この情報が含まれているまとめはこちら

新たなナノカーボン材料で注目を浴びるグラフェンの未来図

炭素原子(元素記号:C)が蜂の巣状に結合した、1原子厚さのシート構造をとる物質。古くからグラフェンの存在は示唆されていたが、2004年にガイム氏とノボセロフ氏が発見して以来、盛んに研究が行われている。2010年ノーベル物理学賞を受賞したテーマでもある。

このまとめを見る