1. まとめトップ
  2. おもしろ

実は海外進出を果たしていたひらがなの「の」

日本が誇る「ひらがな」の中にひとつだけ海外進出を果たした子がいます。

更新日: 2013年01月28日

6 お気に入り 31308 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

doskoi24さん

見事海外進出を果たしたその文字とは・・「の」

さっそく「の」の海外での活躍を見てみましょう

台湾の繁華街にはひらがなの「の」がいっぱい!

漢字だらけの看板にもさりげなく登場する「の」

洋服の青山もそのまんま

見えにくいですがここにもさりげなく紛れ込んでます

意味がよく分からない「髪の藝」

おまけみたいにくっついてる「の」

出典ameblo.jp

ここにも 「の」

台湾人は「の」が大好き!

主に看板や商品パッケージ、TVタイトルなどで、中国語の「的」や「之」の意味で平仮名の「の」を使用することが流行している。

近年は日本と直接関係ない色々な分野の商品に「の」は使われ、現地語として完全に定着している状況にある。

「の」を入れた方が売れるんだそうです。

香港にもたくさんある「の」

台湾だけじゃ飽き足らず香港にも進出していた野心ある「の」

香港人も台湾人と同様、「の」が大好き。

新の城って・・。「の」を間に入れればいいと思ってない?

「優の良品」は香港では有名なチェーン店。日本とは全く関係ないそうです。

【おまけ】台湾の変な日本語看板

次世代の「な」が登場

最後はタソポポでお別れ。

参考リンク

1