1. まとめトップ

【告発通知詐欺に注意】架空NPO法人を名乗りアダルト購入者に『告発通知』を送付、児ポ法便乗犯

青空の会。せせらぎ会。 やすらぎの森。法人 十人十色。やさしい輪。愛のぬくもり。ハイビスカスの会。ポラリスジャパン 顧問弁護士 後藤鉄二。女性と児童の未来を笑顔に。女性権利支援の会。 NPO法人 十字架と笑顔 少女の涙に報いる会。 児童女性擁護活動 すみれの会。 女性救済団体 あじさいの会

更新日: 2013年09月25日

7 お気に入り 155191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

NPO法人を名乗る団体からの「告発通知」にご注意ください。

【緊急拡散】架空請求・告発通知・郵便詐欺被害注意喚起

児童ポルノ、違法DL刑罰化に便乗して、新種の詐欺が発生しています。

NPO法人陽だまりの会(電話03-4431-1881)なるところから「告発通知」と題した手紙が郵送されています。これは実在しない弁護士(吉岡 信)名で威迫する詐欺の企てです。ウソの内容ですから一切無視してください。

2013年7月9日

5月20日から21日にかけ、栃木市内の複数の一般世帯に、「告発通知」という表題で、「以前購入した違法わいせつ物の製造、販売に関与し摘発されました。購入者に対しても告発します。告発を取り下げて欲しいなら電話してください。」などという文書が入った封書が配達されています。このような郵便は振り込め詐欺の1形態と思われますので、心当たりのない場合は電話をしないように注意願います。また、文書の内容が不審と思った方は警察に連絡してください。(栃木警察署0282-25-0110)

日高管内の男性(80)は2月、NPO法人を名乗る団体から「告発通知」と記された郵便物を受け取った。「わいせつビデオの顧客名簿にあなたの名前がある。告発を取り消すには連絡を」とあり、記載された番号に電話すると、示談金などの名目で 男性は9回にわたり計約3200万円 北海道新聞

約3200万円の被害

詐欺告発通知文キター!!燃料投下本当にありがとうございます!!必ずご連絡差し上げますね!!他人の法人名使って告発通知とはとても熱心ですね!! pic.twitter.com/NjxjXRpmqf

NPO法人 せせらぎの会 2013年3月8日締め切り

新手のオレオレ詐欺が郵送されてきた。「告発通知」の書類で以前わいせつ物を購入したので告発すると「NPO法人やすらぎの森」顧問弁護士から来た。やすらぎの森で検索したら住所が違う。皆さんご注意を!twitpic.com/c8ksxl

NPO法人 やすらぎの森 2013年3月8日締め切り

全国被害者救済団体 せせらぎ会
渋谷区神宮寺前2-19-16 HT神宮前ビル5階は空き室
手口としては、存在しない部屋番号あるいは空き室が使用されます。

■確認された架空団体名

NPO法人陽だまりの会
紛争処理管理センター
訴状通告管理センター
NPO法人 マリアの鐘
NPO法人 希望への一歩
児童ポルノ撲滅実行委員会 0120-665-161
NPO法人  タイヨウ  03-4582-4612
NPO法人 ひまわりの会 03-4582-4612
NPO法人  ほととぎす 03-6758-9588
NPO法人  明日への扉 顧問弁護士:向井俊和 03-4436-8782

NPO法人 ひかりの樹  03-4431-3680
NPO法人 ひかりのみち 03-4485-1138
NPO法人 青空の会 顧問弁護士 中居浩二 03-6361-0631
NPO法人 やすらぎの森 03-4431-3988
NPO法人 十人十色  03-4485-1708
NPO法人 やさしい輪   03-4513-8497
NPO法人  愛のぬくもり  03-4582-4210
NPO法人  太陽がてらす会 03-4582-4210
全国被害者救済団体 せせらぎ会 03−6380−0884
NPO法人 そよかぜ
NPO法人  椿の会    03-4513-8465
NPO法人 レジリエンス 03-3759-5513
NPO法人 ひまわりの会 03-6362-9165

平成24年10月9日 NPO法人 ハイビスカスの会
平成24年10月9日 NPO法人 ポラリスジャパン 顧問弁護士 後藤鉄二
平成24年9月14日 NPO法人 女性と児童の未来を笑顔に
平成24年9月4日 NPO法人 女性権利支援の会
平成24年8月2日 NPO法人 十字架と笑顔 少女の涙に報いる会
平成24年5月22日 児童女性擁護活動 すみれの会
平成24年5月7日 女性救済団体 あじさいの会
平成24年4月23日 NPO法人女性を守る会
平成24年4月23日 児童女性支援活動 菜の花の会  他

■示談金名目に800万円被害 新地の男性、計4回送る

架空のNPO法人や弁護士をかたり刑事告発するとの虚偽の文書を送り付けられ、示談金を名目に新地町の農業男性(63)が800万円をだまし取られていたことが27日、分かった。

(2013年8月28日 福島民友ニュース)

■「告発通知詐欺」85歳女性から350万円詐取 NPO法人名乗る 茨城 2012.9.23

NPO法人を名乗る団体から、つくば市内の女性(85)が350万円をだまし取られる被害があり、つくば中央署が詐欺事件として調べている。同署の調べによると、女性宅に今月4日、女性の権利を擁護するNPO法人を名乗る団体から「ご主人が以前に購入した違法なわいせつ物を販売していたグループが摘発された。購入者に対しても告発する」という内容の封書が届き、女性が連絡先に電話したところ、示談金を要求された。女性の夫は数年前に亡くなっていたが、4回にわたり、計350万円を指定された都内の住所に郵送。数日たっても領収書が届かないことを女性が不審に思い、21日、同署に被害届を出した。

■示談金名目に150万円 埼玉

埼玉県八潮市の男性会社員(61)が、「チューリップの会」を名乗る架空のNPO法人から「違法アダルトビデオの購入者を告発する」などと偽られ、示談金名目に150万円をだまし取られる事件があった。草加署は詐欺容疑で捜査している。
2012.11.23 20:58

■1742万円騙し取られた82歳男性 東京

昨年12月末。
東京都の無職男性(82)に「少年犯罪レポートセンター」という団体を名乗る男から
「裏ビデオを購入したため少年犯罪の告訴状が出ている。取り消すためには手数料が必要だ」
などと電話があり、手数料約12万円を指定された口座に振り込んだ。
その後も今年10月までに女性団体の職員や弁護士を名乗る男から
「告訴を取り下げるには手数料が必要」などと繰り返し電話があり、
男性は9回にわたり口座に振り込んだり、自宅を訪れた関係者を名乗る男に手渡すなどし、
計1742万円を騙し取られた。
男性は
「20~30年前に裏ビデオを1回購入したことがあり、妻に知られたくなかった・・・」
と話しているという。

■告発取り下げの条件として28万円の示談金

今日、女性擁護支援活動ひまわりの会という所から告発通知が届きました。
告発取り下げの要件として28万円の示談金を支払えと言われました。

■告発の取り下げには40万円を払うか20日間の無償労働をするか選ぶよう迫られた

男性が電話をかけると、告発の取り下げには40万円を払うか20日間の無償労働をするか選ぶよう迫られた。
 不安になった男性は40万円を払ってしまったが、その後「告発状」に書かれた住所と送金先の住所が異なっていると気づき、不審に思って消費生活センターに相談した。

■アダルトDVDを購入した覚えがない人のところにも

国民生活センターによると各地の消費者相談窓口への同種相談の件数は2011年は4件だけだったが、2012年に入ってから急増。5月18日現在で289件に上っている。

「告発通知」や「告発状」と称した文書が届き、連絡すると取り下げ料名目で数十万円を請求される点が共通。文書はアダルトDVDを購入した覚えがない人のところにも届いているという。

■「架空請求詐欺」に分類される、羞恥心を狙った手口

1 2 3 4