モンティ・ホール問題(モンティ・ホールもんだい、Monty Hall problem)は確率論の問題で、ベイズの定理における事後確率、あるいは主観確率の例題のひとつとなっている。モンティ・ホール (Monty Hall、本名 Monte Halperin) が司会を務めるアメリカのゲームショー番組、「Let's make a deal」の中で行われたゲームに関する論争に由来する。 一種の心理トリックになっており、確率論から導かれる結果を説明されても、なお納得しない者が少なくないことから、ジレンマあるいはパラドックスとも称される。 「直感で正しいと思える解答と、論理的に正しい解答が異なる問題」の適例とされる。

出典モンティ・ホール問題 - Wikipedia

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

モンティ・ホール問題の良く分かるまとめ

事後確率とも呼ばれる、ちょっと面白い論理です。答えが分かっても、なかなか"納得"できない問題を、図を描いてまとめてみました。ちなみに、実生活では、ほとんど役に立ちませんw

このまとめを見る