1. まとめトップ

意外と知らない事ばかりだった!うずらの卵に関する雑学

うずらの卵に関する情報をまとめてみたいと思いました。なぜかと聞かれてもわかりませんが、なんとなくスーパーでうずらの卵をじーっと見てて思い立った次第です。まる。

更新日: 2012年11月07日

12 お気に入り 95730 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meptinさん

はじめに うずらとは?

ウズラ

草原、農耕地などに生息する。秋季から冬季にかけて5-50羽の小規模から中規模の群れを形成することもある。和名は「蹲る(うずくまる)」「埋る(うずる)」のウズに接尾語「ら」を付け加えたものとする説がある。
食性は雑食で、種子、昆虫などを食べる。
繁殖形態は卵生。配偶様式は一夫一妻。

人間との関係

古くから歌に詠まれ、古事記、万葉集などにも本種のことを詠んだ歌がある。
狩猟の対象とされることもある。日本では鳥獣保護法における狩猟鳥獣だが、1975年から2004年現在では1日あたり1人5羽までの狩猟制限がある。1989年に石川県と岩手県、2002年に京都府で本種の狩猟が禁止されている。

うずらの卵の模様の秘密

うずら卵にはいろいろな模様があります。しかし「同じうずらからは、同じ模様の卵しか生まれない」というのをご存じですか。それは、うずらの卵管には人間でいう指紋のようなものがあるからといわれています。

さらに、うずらの卵の白く膜の張ったようなのと、模様のハッキリしたものがありますが、これはいわゆるキャリアの差らしいです・・・。

スーパーで売ってるうずらの卵が孵化する?!

スーパーなどで販売されているウズラの卵には僅かな確率で有精卵が混じっており、保温によって孵化を成功させた例があるが今は可能性は限りなく低い

どうやら放し飼いで飼育してるところも多いらしく、今現在でもスーパーで売ってるうずらの卵から僅かですが有精卵の可能性はあるそうです。つまり、孵化する可能性はあるみたいです。

滋養強壮の食材

うずらの卵は、中国では古来から、滋養強壮の食材として宮廷の御典医に頻繁に利用されていたという説がある。

うずらの卵には、健康な皮膚・髪・爪を作り、エネルギー代謝を促進するビタミンB2が非常に豊富に含まれている。その他の栄養成分についても、鶏の卵と比べておよそ2倍のビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、鉄などが含まれており、非常に栄養価の高い食品。鶏卵に比べ、たんぱく質がやや多く、脂肪は少なめ。

うずら卵の栄養

うずら卵、1個、10.5g
可食部:8.9g カロリー:16kcal

栄養素名  割合
ビタミンB12 67%
レチノール当量 20%
ビタミンD 20%
ビタミンB2 20%
葉酸 13%
脂質 10%
鉄 10%
亜鉛 9%
たんぱく質 9%

うずらの卵をきれいに剥くコツ

まずはまな板の上でコンコンと全体にひびを入れます。
指先を湿らせて、殻の一部を爪先でつまむように引っ張ります。

そのままらせん状にむいていくと、
中の薄皮ごときれいにむけてしまいます。

後に細かな殻が残らず便利です。

たしかにカンタンにきれいに剥けました。驚きです。

実はかわいいうずら、ペットとして飼われてる人も

みんな大好きうずらの卵

うずらの卵の美味しさが安定しすぎていてやばい

うずらの卵フライたべた。うずらの卵は好物です!ウズラ飼いたいくらいwww

コンビニに売ってる薫製のうずらの卵ってうまいな…恥ずかしながら初めて食べた

1