1. まとめトップ

☆心に残る☆記憶に残る選手、新庄剛志の名言集

新庄のグラウンド内外におけるパフォーマンスは「新庄劇場」と形容されて連日のように報道されるほどの人物、記録より記憶に残る名プレイヤー新庄剛志の名言をまとめてみました。

更新日: 2012年10月12日

17 お気に入り 84858 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bar335さん

新庄剛志

1990年(平成2年)より阪神タイガースでプレーした後、2001年よりアメリカ・メジャーリーグベースボールでプレー。サンフランシスコ・ジャイアンツに在籍した2002年にはリーグ優勝を経験して、日本人選手として初めてワールドシリーズに出場。2004年には北海道日本ハムファイターズに移籍し、2006年(平成18年)にチームの25年ぶりのリーグ優勝と44年ぶりの日本一を経験して引退。

☆新庄剛志の名言・格言

僕は常にオーラを出す練習をしている。きょう(のオーラ)は162%

今日はジャイアンツ戦だからね、4-5(四打数五安打)は打ちたい

今年はデットボールで一時期、戦線離脱していたんだ。それがなければ俺HR70本!

ヘラヘラして、相手をカリカリさせて勝ちたい

チャンスでしか打てないバッターと思われたい

これからはメジャーでもない、セ・リーグでもない、パ・リーグだ!

ライバルだとか考えてないよ。一番のライバルは自分だよ。

センスないからやめます引退会見

次の日撤回

プロ野球の存在意義とは、その街の人々の暮らしが少しだけ彩られたり、単調な生活がちょっとだけ豊かになることにほかならない。

余分な筋肉がついて、ジーンズが似合わなくなるから

ニューヨークの裏通りを歩いてみたかったから

まず皆にわかってもらいたいのは「一番最初にする勇気」。
宣言した後は注目が集まりプレッシャーもかかるが、結果を残しさえすれば周りも認めてくれる。

☆新庄の恩師、野村監督には感謝の意を表しています。

「野村監督の言葉で力を出すことが出来た」

野村監督は、新庄を「とにかくおだて上げ、誉めあげて使った」と言った。
野村監督はその時、新庄に「お前は 肩が強いからピッチャーも出来る」と乗せて、新庄をピッチャーに仕立て上げようとしたこともあった。新庄は、それに応えて本気で投球練習をしマウンドに 登ったこともあった。

☆☆関連まとめ☆☆

1