1. まとめトップ

Twitterの「アノニマスIRC」アカウントが、ウィキリークスと決別。

Twitterの @anonymousirc が、ウィキリークスはもう支持することができないと宣言しました。

更新日: 2012年10月16日

1 お気に入り 6385 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

ことの発端

何があったか、上記Forbes記事を元に簡単に説明すると:

ウィキリークスは米大統領選に絡んで、ミット・ロムニー(共和党の大統領候補)のメールを大量に(13,000点以上)暴露するなどしているが【←Forbesの記述の受け売り。私自身は全然興味ないので確認してません。あしからず】、(米国時間で?)10日夜の時点で、ウィキリークスでリークされた文書を閲覧しようとすると、ポップアップ・ウィンドウが表示されるようになっている。

このポップアップは、閲覧しようとしている文書の上に覆いかぶさるようになっているので、これを消さないと見たい文書を見ることができない。

ポップアップの内容は、オバマのスピーチを改変して「ウィキリークスに投票しよう」と呼びかけるもの。この「投票」が、よくあるネット上のアンケートなどでの投票ではなく、金銭的寄付、またはトートバッグやパーカーなどのグッズ購入。つまり集金。

このポップアップ・ウィンドウ、閲覧する側がブラウザでJavascriptを切れば表示されなくなるようなものだが、それでも「ウィキリークスのハッカーのファンたち WikiLeaks’ hacker fans」は立腹している。

……Forbesの記事は、次のツイートを例示。

WE DO NOT MAKE MONEY WITH LEAKS. WE DESPISE ANYONE WHO DOES. over and out. @Wikileaks #Anonymous #GIFiles

「私たちは、リークされた文書で金儲けをしない。そういうことをする者を私たちは軽蔑する」

@WikiLeaks | How totally fucking arrogant. You know what, taking it down isn't enough. You remove it and apologize or fucking EXPECT US.

PLF = the People’s Liberation Front(アノニマスのサブグループだそうです)

「これはひどく図々しいですね。取り下げるくらいのことじゃ全然だめですよ。完全に取り消しして謝罪すべき。あるいは私たちの出番ということになりますよ?」

The hackers’ outrage was compounded by the fact that the files WikiLeaks had advertised earlier in the day were allegedly stolen by Jeremy Hammond, an Anonymous member arrested and charged in March with an attack on Stratfor.

「ハッカーたちの怒りの背景には、この日ウィキリークスが大々的に告知したファイルは、アノニマスのメンバーでこの3月に逮捕・起訴されたジェレミー・ハモンドによって盗まれたものだとされている、という事情がある。ハモンドはStratforへの攻撃に関連した容疑で逮捕された」

(WLが公開したロムニーの文書は、ストラトフォーのものだそうです。)

@WikiLeaks Good Anons are in PRISON right now ( #FREEJeremyHammond ) & indicted for the Stratfor Leak. You risk WAR with Anonymous. Fix it.

ウィキリークス宛てのメッセージ。「Stratforのリークに関しては、アノニマスのメンバーが、獄中にある上に、起訴されているのです (#FreeJeremyHammond)。アノニマスとの戦争になってもいいんですか。修正してください」

Our content will stay free for everyone, without any restrictions. We will close down and torrent it all before building a paywall.

Par:AnoIAは、アノニマスによるリーク・プロジェクト。

「私たちの文書は、誰にとっても、何ら制限なく、無料のままであり続けます。課金するくらいなら、その前にサイトを閉鎖してtorrentに放流します」

- これに対して、ウィキリークスは……

A tweet, share, wait or donate campaign is not a "paywall". You can read about our blockade and funding systems here: shop.wikileaks.org/donate

「課金ではありません」。(詳細は私は日本語化しません。くだらない言い訳なので)

最後のURLはね、笑っちゃだめですよ……
shop.wikileaks.org/donate

http://wikileaks.org/the-gifiles.html
をクリックしたらこう表示されます(2012年10月12日、21:40 JST)。

YouTubeのビデオ・プレイヤーのすぐ下に、金額を選ぶ/入力する欄があって、"Donate with VISA/MASTERCARD" のボタン。

その下の段に、share, donate, tweetという3つのボタンが並んでいます。

ポップアップの本体の外側(赤く表示されているところ)をクリックしても、この下にある文書は読めません。

少し慣れている人なら、「FBでshareしたり、tweetしたりすることで、donationをしたことになる」というのがわかるかもしれないけれど、これは単にインターフェースとして「リーク文書を見せてもらう代わりに、とりあえず今日のコーヒー代をWLに寄付」という行動をとらせたいのだとしか思えないです。

金額のことはいいとしても、単に文書を閲覧するだけで、なぜ「WLを支持」する行動(寄付したり、ツイートで広めたりする行動)が強要されるのか、意味がわかりません。ウィキリークスは「メディア」じゃなかったっけ? それを「支持」する、しないにかかわらず情報は入手できてしかるべき。

そういう心理的な要素の強要をするくらいなら、いっそ「サーバの維持費1ドル」とかいうふうに明確に「販売」してくれないかと思います。

- "Vote for Wikileaks"

Now it seems to have ramped up those fundraising efforts–and whether intentionally or not, shed its most diehard supporters in the process.

Updateのセクションから。「意図的であろうとそうでなかろうと、最もコアな支持者を切り捨ててしまったようだ」

@wikileaks You just linked to ANOTHER donation site? At this time we discourage anyone from donating anything to WL until this is sorted.

WLのツイートでshop.wikileaks.org/donateがリンクされていることへのレス。「さらにまた別の金集めのサイトを紹介するって何なんでしょう。状況がはっきりするまで当面、WLへの寄付行為はやめたほうがよいでしょうね」

- Forbesがさらにアップデート

Update: As of around midnight. WikiLeaks seems to have dropped the pop-up for some content without explanation, though it continued to appear for some users. AnonymousIRC has declared their support for the group again.

「日付が変わるころに、WLは何の説明もなく、一部コンテンツについて、ポップアップを表示しないようにしたようだ。ただまだ表示されるというユーザーもいる。AnonymousIRCは再度、WLへの支持を宣言した」

……として下記ツイートにリンク。

Generally: We are friends with @Wikileaks. Still are. And friends will talk brutal but honestly if necessary. A lousy friend stays quiet.

……てな調子で、いったんは「アノニマス」も矛をおさめたわけですね。

このツイートの前に、AnonymousIRCからツイートされているのが:

Okay. @Wikileaks has removed the un-closable Donation Ad now. Thank you. wikileaks.org/the-gifiles.ht… A statement would be swell.

「閉じることのできない寄付のお願いのウィンドウが消えた」ことを評価。

If the @Wikileaks ad still pops up for you, please give it a while. We honestly expect this to be fixed. At least it should be CLOSABLE.

さらに、「まだポップアップが表示される人は少し待ってみてください」的な擁護のツイート。「私たちは本心から、この問題は解決されると思っています。少なくとも、ポップアップは閉じることが可能でなければなりません」

(で、「私たち」って、誰。このアカウントのこのRoyal We、ほんとに気にさわるんだよね)

#WikiLeaks Paywall Goes and Comes Back (and sry to say - still calling it a paywall) cryptome.org/2012-info/wl-p…

「ペイウォール」って言われるのが不快みたいですが、リンク先はCryptome.

というわけで、Cryptomeは、「人気コンテンツ」と呼べる一部ディレクトリで「ペイウォール」の稼働を確認した、との報告(今回新たに公表されたGIなんちゃらのほか、アフガニスタン戦争日誌やイラク戦争日誌、Cablegateの米外交文書、グアンタナモ拷問マニュアル)。

@WikiLeaks Angers Supporters With Donation 'Paywall' For Leaked Material | forbes.com/sites/andygree…

このアカウント、いつのころからかWikileaksのマウスピースというか増幅装置になってましたね。

PressReport:concerns of many wikileaks supporters about the popup donations video onforb.es/QjwzTn video removed now from many docs

Cryptomeが報告している「一部カテゴリを除いてはペイウォールが消えている」件?

Wikileaks temporarily puts leaked material behind "paywall" - onforb.es/Qei3NG

ロイターのプロデューサーさんも、WLが「ペイウォール」を出したのは「一時的に」だと述べているけれども、日本時間の12日に私が確認したところ、見たい(かもしれない)文書は、寄付するかツイートするかしない限り、閲覧できないんっすよね。。。

風向きが変わったのはそのしばらく後……

The end of an era. We unfollowed @Wikileaks and withdraw our support. It was an awesome idea, ruined by Egos. Good Bye. #Anonymous

「ひとつの時代の終わりだ。私たちは @wikileaks のフォローを解除し、WLに対する私たちの支持・支援を取り下げる。理念・着想はすばらしかったが、エゴ(複数形)によってぼろぼろにされた。さようなら」

1 2 3 4 5 6 7