1. まとめトップ

脳卒中・脳梗塞の予防・対処法についてまとめました。

寒さ対策をすることによって、脳梗塞の予防ができます。

更新日: 2014年07月26日

10 お気に入り 18026 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

politicsさん

みそ汁にはわかめをやや多めに入れる。

わかめが塩分の排出を促進してくれます。

醤油をひかえて、
すだちをかける。

醤油には糖質10グラムが含まれており、太る原因になります。
糖質がインスリンに変わると血糖値を上げ肥満になります。

すだちはメタボ対策としてオススメです。

中心血圧を測りましょう

中心血圧を正常値にするには。

手と足の指をグーパーするなどして、一日一回一分

動かす。

腹式呼吸

副交感神経を活発にし、血圧を下げることができます。

歯周病・糖尿病をしっかりと治す。

定期的な歯科医の受診・ブラウンオーラルBを使った歯磨き、
糖尿病対策として、野菜からご飯を食べるなどの対策があります。

塩を料理に使う際には、カリウムを多く含む塩を選んでください。

スーパーで買うときに、袋の後ろに書いてありますので、読んでみて下さい。


カリウムには、余分な塩分を排出する働きがあります。


塩化ナトリウム90%以下の塩を選ぶことも大切です。

また、岩塩は塩分を多量に含むため、控えたほうが良いでしょう。

塩化ナトリウムの純度が90%を超える商品は要注意。

12月1日に要注意!!

一気に寒くなり、高血圧になります。
寒さ対策について勉強しておきましょう。

寒さ対策グッズ。

タイツの下などに履けばウォームビズになります。

ボディワイルドBODY WILD 【)ロングボクサー(前とじ) BWC785B
http://amzn.to/Ry7JAy

肩甲骨・腰・お腹の3ヶ所にミニサイズで構わないので、ホッカイロを貼る。

2箇所から始めても良いですね。色々ためしてみて下さい。

ボア付き
ネックウォーマーを着る。

普通のネックウォーマーより温かいのでオススメです。

パソコンをしているとき。

USBあったかグッズがあります。

低温やけどに注意して使ってみて下さい。

ホームセンター・電器店などで売っています。

ミニファンヒーターを脱衣所・トイレなど複数の箇所に設置すると効果的です。

本格的に寒さ対策がしたい場合

ストレスに気をつけましょう。

長期間に渡る激しいストレスにさらされると脳梗塞発症のリスクが上がります。


月曜日になると仕事のストレスで発症。
家族関係、経済的な悩みがある。

これらのことを解決することは難しいですが、
ストレス解消の趣味を持つ、別居する、生活保護を受けるなど
問題の解決に向けて、行動してみてください。

支援機関に仲介してもらうのが良いでしょう。

TIA(一過性脳虚血発作)に要注意!http://www.naoru.com/tia.htm

治ったように感じても症状が次の日に再発するリスクは非常に高い。

1日入院することを絶対に考えるべき。

救急隊が来るまでの対応。

・シャツのボタンを外す、ネクタイを緩める。

・麻痺側を上にして寝かせる。

・真夏ならクーラーをつけて涼しくし、救急隊を待つ。

・頭を打っているようなら、冷やしたタオル・冷ピタ・タオルを巻いた保冷剤など何でも良いので冷やしてあげる。

麻痺が残ってしまったら・・・

介護用ロボットを使ったリハビリ。

しばらくするとロボットなしでもある程度歩けるようになります。

ロボットスーツHAL(ハル)

残念ながら取り扱っているリハビリセンターは少なめですが、試してみる価値はあります。

耳栓またはヘッドフォンをしながら新聞や好きな本を音読すると音声が、骨伝導にて脳が活性され、脳幹梗塞に効果があるらしいですのでためしてみて下さい。

脳の活性による目の疲労回復にも良いとのこと。

足のリハビリ方法についても記載がありますので
ぜひとも読んで見て下さい↓

1日30秒!松崎式「視力アップ」術 (成美文庫)
http://jugem.jp/mono/amazon/4415400892/

より引用。

1