1. まとめトップ

元家電販売員が教えるプリンタの選び方2018年末

元家電販売員が年賀状シーズンに向けてインクジェットプリンターの選び方をお教えします。買い換えの参考に。自分にあったおすすめプリンターの見つけ方をそしてプリンタ比較をしています。。CANON・EPSONの2018モデルを追記しました TS8130 EP-880 EV-30VA XK50 年賀状印刷

更新日: 2018年08月30日

321 お気に入り 3172778 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bjork0さん

2019年新製品が発表になりました!

インクジェットプリンタは1年に1度、夏終わりに発表されます。
今年も2019年を戦う新モデルが発表されました。(2018年9月現在)
新製品のキヤノン・エプソン両社の比較は後半に記載しています。

自分に合っているのはキヤノン?エプソン?それともブラザー・HP?

この4社から自分に合っているプリンタを選ぶのは比較的簡単です。

綺麗な写真を印刷したいならキヤノン、エプソン
電話機能やネット接続など特殊な機能が欲しい方はブラザーやHPとなります。

ブラザーやHPも写真画質がんばってはいるもののキヤノンやエプソンには遠く及ばないというのが現状です。(発色やきめ細かさ、色の保存性能、印刷ソフトの使いやすさなどに大きな差があります。詳しくは2ページ目比較のリンク先を参照)

電話機機能が必要となるとブラザーしかないので決まり!(FAXだけならキヤノン、エプソンも)
プリンタからメールがしたいなど特殊機能だとHPで決まりとなります。

今回は年賀状や写真印刷を含むプリンターとしての機能に絞って
キヤノンとエプソンからの選び方をご紹介します!(2017年末新製品も同じ)

文章印刷する?しない?

プリンタには2種類のインクが存在します。

顔料インク
○ 文章印刷に最適!滲まずクッキリと印刷出来る。
× 写真印刷するとつぶつぶが見える、インクが固まりやすいのでよく使わないと詰まりやすい。写真用紙の上に乗るインクなので光沢紙を使っても光沢が減ってしまう。

染料インク
○ 写真印刷に最適!なめらかなグラデーションと綺麗な発色
× 染みこむインクなので文字が滲む、普通紙では色が薄く出てしまう。

それぞれ一長一短あります。

文章印刷、エクセルやHP印刷などが中心で写真印刷はしないという人は”顔料インク”が搭載された機種を選びましょう!文字が滲まずクッキリ印刷されますしインク代も安くなります。

エプソンでは”PX”という型番で始まるプリンタが顔料インクのみを搭載したプリンタ
キヤノンは”全機種”顔料黒インク搭載しています。

2019年末の新製品の傾向は? 各社スマホ印刷に力を入れる

メンテナンス性をアップさせたEPSON

4色展開のEP-881は染料6色で写真に向いている機種になります。
新機種は廃インクタンクを自分で交換できるようになったり、黒インクが無い時にカラーインクを混ぜて黒インクとして使う、カラーインクが無くても黒インクだけでの印刷が可能など細かい使い勝手が改善されました。

縁なし印刷時に垂れるインク、インククリーニングで吐き出されるインクを受け止めるためのスポンジが廃インクタンクです。これがいっぱいになるとエラーが出て修理に出さないと使えなくなりますが、メンテナンスボックス機能によりユーザーが交換できるようになりました。

大量に印刷する方はボトルタンクタイプがおすすめです。
遂にエプソンから黒インクは顔料、カラー4色は染料という文章も写真もバランスが良く印刷できるモデルが登場しました。

常に印刷する方はボトルタイプの方がコストが安い

EPSONの2019年モデルは細かい改善点のアップデートとなりました。基本性能やサイズの変化はありませんでした。写真印刷が多い方は六色染料のEPシリーズ、文字が多い方は顔料インクのXPシリーズ、とにかく印刷量が多い方はボトルインクのEWシリーズとなります。

LINEからの印刷やネイルシールなど多種多様なプリントを強化したキヤノン

昨年のモデルより高級感があるデザインになりました。
顔料+染料インクで文字はクッキリ滲まず、写真は粒状感無くきれいに印刷してくれます。

三色カラー展開のモデル。コンパクトでスッキリとしたデザインは変わらず
スマホ印刷の手軽さが充実したりスマートスピーカーから声での印刷にも対応したようです。

画像やイラストからなど自分でオリジナルのネイルシールが作れる機能

両社の特徴

自分の使い方にあったインクを選ぶことで自然と機種が決まってきます。

エプソンは”全色顔料インクのみ”の機種か”全色染料インクのみ”の機種しか存在しません。
そのため顔料インクの機種(PX)を買うと文章は綺麗だけれど写真印刷はつぶつぶでコントラストの低い眠い写真になってしまいます。
逆に染料インクのみの”EP”シリーズの場合は写真印刷は抜群に綺麗!だけど文章や年賀状印刷は滲んだ文字で淡い発色になるという一長一短があります。

対してキヤノンは”全機種顔料黒インク搭載”なのでどの機種を買っても黒の文章に関してはクッキリハッキリ印刷が可能な上、残りのカラーインクは染料なので写真印刷も綺麗に印刷してくれます。

●写真印刷はしない人
エプソン”PX”シリーズで決まり!

●写真印刷しかしない人
エプソン”EP”シリーズorキヤノン(5色以上のインク搭載機種)で決まり!

●写真印刷するけれどホームページ印刷やワード、エクセルも使う人
キヤノンで決まり!

となります。

※A4低価格帯の顔料プリンタの場合写真画質はお世辞にもキレイとはいえませんが、両社の
A3ノビ対応本体5万以上のプリンタになると話は変わります。顔料の特性を生かしつつ染料のような綺麗な印刷が可能になります。インクコストもすごいですがコスト関係ない!という方は5万以上の単機能プリンタを買うと写真も文章もキレイに印刷可能です。

コストが安いのは?

プリンタで問題となるのはコストです。
インクが高いので自分にあったインクのプリンタを買わないと実はとても高くなってしまいます。

例えば・・・
文章印刷が多い人が染料インクしか搭載していない(エプソンEPシリーズ)を買ってしまうと・・・モノクロ文章を印刷するときでも黒インクだけでなくカラーインクも混ぜて黒を作るので
どんどんカラーインクも減ってしまいコストがとてもかかってしまうことがあるのです。
自分にあったインク構成の機種を選ぶことはとても大事。


今年の両社はインクの容量が違う二種類のインクが用意されています。

プリンタ購入時に同封されているのはインク容量が少ないタイプ。
年間ほとんど印刷をしない人はこちらを買っていってもよいかもしれません。
しかし、年賀状や写真印刷する人は絶対に大容量インクを買いましょう。

■エプソン6色染料インク EP-881の場合
標準容量のインクタンクでL番印刷した場合  約26.5円
増量タイプのインクタンクで印刷した場合   約20.6円
●EP-30VA 約12.7円

■キヤノン5色染料+顔料黒インク搭載 TS8230の場合
標準容量のインクタンクで印刷した場合   約26.3円
大容量インクタンクで印刷した場合     約19.4円
●XK80
標準容量 約14.8円
大容量  約12.6円


大容量タイプのインクを使うことでかなり両社ともコストが下がります。

1 2 3




このまとめへのコメント1

  • fabyotterさん|2013.05.23

    顔料インクが写真に向かないのは廉価機のみの仕様。
    エプソン・キヤノンともハイエンドの写真高画質機は全色顔料です。
    A4サイズくくりのプリンタ案内だとしても、PX-G930をディスらないで…。
    購入者層が違うのはよくわかりますが、情報が偏り過ぎです。

1