1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

サンバやボサノヴァだけじゃない!ブラジル音楽の奥深い魅力

アフリカ、ヨーロッパを初めとする世界各地の文化が混合し、稀有な発展を遂げたブラジル音楽の魅力を、ジャンルごとにまとめました。

更新日: 2016年08月06日

173 お気に入り 96904 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ブラジル音楽とは

南米ブラジルで発展した音楽の総称

有名なのはサンバ、ボサノヴァなど。

サウダージほか独特のロマンティックな世界感、高度で重層的なリズムやアンティシペーションの多用などに特徴を持っている

リズムの複雑さ、和音の多様さ、ポルトガル語で歌われるメロディーの美しさなど、世界に類を見ない発展性のある音楽。

多くの地域からの移民たちによって育まれた混血文化の国では多種多様な音楽が生まれている

このまとめではブラジル音楽の多様なジャンルから一部を紹介します。

♪ サンバ(Samba)

4分の2拍子のダンス音楽

19世紀の終わりごろ、ブラジル北東部の港町、バイーア(現在のサルバドール)で発祥したといわれています。

ブラジルの音楽のなかで一番代表的なリズム

2拍子の強烈なビートの上に、パルチード・アルトと呼ばれる細かなリズムが刻まれます。

生音が持つ強さ、サンバのリズムが刻む前へ前へというポジティビティ、そして何より民衆の音楽であることのパワー。

力のある音楽といえそう。

老舗サンバチーム"マンゲイラ"の2010年のエンヘード(カーニバルのテーマ曲)。

代表的ミュージシャン:
カルトーラ (Cartola)
ネルソン・カヴァキーニョ (Nelson Cavaquinho)
カルメン・ミランダ (Carmen Miranda)
パウリーニョ・ダ・ヴィオラ (Paulinho da Viola)
メストリ・マルサル (Mestre Marçal)

♪ ボサノヴァ(Bossa Nova)

1950年代中期、リオデジャネイロに在住していた若手ミュージシャンたちによって創始された

中産階級の若者たちの求めていた心地よく洗練されたサウンド、「新しい感覚」のサンバとして成立しました。

ボサノヴァのギターのパターンはサンバ楽器「タンボリン+スルド」を1人で表現したもの

2拍子で刻まれるベースがスルド、パルチード・アルトとよばれるリズムを刻む和音がタンボリンというパーカッションの役割を担っています。

ボサノヴァの創始者ジョアン・ジルベルトによる、ボサノヴァ始まりの曲"Chega de Saudade"の演奏。

ボサノヴァの範疇にとどまらない最重要音楽家、アントニオ・カルロス・ジョビンと絶大な人気を誇った歌手、エリス・ヘジーナ。

代表的ミュージシャン:
アントニオ・カルロス・ジョビン (Antônio Carlos Jobim)
ジョアン・ジルベルト (João Gilberto)
ヴィニシウス・ヂ・モライス (Vinicius de Moraes)
ジョアン・ドナート (João Donato)
ナラ・レオン (Nara Leão)

♪ パゴーヂ(Pagode)

少人数でだれかの家に集まって酒でも飲みながらサンバしようといった気軽な音楽

要は少人数のサンバセッションです。

若者を中心に人気の音楽ジャンル

誰かの家の庭に楽器を持ち寄って演奏するようなユルさが魅力。

パゴーヂの代表的グループがこのフンド・ヂ・キンタウ。

アルリンド・クルスは天才的な才能を持つパゴーヂミュージシャン。

代表的ミュージシャン:
フンド・ジ・キンタウ (Fundo de Quintal)
ジョルジ・アラガォン (Jorge Aragáo)
アルリンド・クルス(Arlindo Cruz)
ゼカ・パゴジーニョ(Zeca Pagodinho)

♪ ショーロ(Choro)

ヨーロッパの室内楽に ブラジルのリズムが加わったブラジル伝統音楽

器楽曲として演奏される機会が多く、洗練されたサウンドを特徴としています。

ブラジルのジャズと称されることがあるが、即興を重視した音楽としてはジャズよりも歴史が古い

伝統的な音楽ながらも、その都会的なサウンドは今もまったく色褪せません。

3姉妹ユニットによる"ショーロの父"ことピシンギーニャの楽曲の演奏。

代表的ミュージシャン:
エポカ・ジ・オウロ(Conjunto Época de Ouro)
ショーロ・ダス・トレス(Choro Das 3)
ピシンギーニャ(Pixinguinha)
ハミルトン・ジ・オランダ(Hamilton de Holanda)
ジャクソン・ド・パンデイロ(Jackson do Pandeiro)

♪ MPB

「ブラジリアン・ポピュラー・ミュージック」の意

ムージカ・ポプラール・ドゥ・ブラズィレイラ(Música Popular do Brasileira, MPB (エミ・ペー・ベー))

初期のMPBは、当時世界的に流行したロックのブラジル的受容

1 2 3





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1