1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

集団生活に置いて人間は感情を共有し、同調しようとする傾向があるので、この「不安定」というのは真っ先に異分子に認定されがちです。この手の「不安」についてはわりと簡単な対処法があります。

「自信を持つ」です。ここでいう自信とは自分が自分であるという自信で、他者と比べた自信ではないという点です。

片マユをうっかりそり落としてしまっても、ズボンの上にパンツを掃いてしまっても、自分はそういうものであるという自信を持って振る舞っていれば、

「この人はそういうオシャレなんだ…」

とさえ思わせる、自分で自分を認めることで挙動不審さの大半は落ち着きます。太っているのも痩せているのもそういう体型だから、とにかく自分を俯瞰で「認識」することが大事です。

労働相談情報センターなどの相談窓口に行き状況を説明するのが良い。相談者の話をもとに同センター職員が企業側の聴取を行い、解決に至った事例は数多くある。

多種多様であるからこそ、そう簡単に解決できない職場のいじめ。厚生労働省でも「職場のいじめ・嫌がらせに関する円卓会議」を開いており、今後その対策を練っていくようだ。

体罰があった私立学校名を公表するのは珍しいという。

 教員の内訳は、中学では立命館や京都文教など計4校の8人。高校は同志社や洛南、立命館宇治など計16校の45人で、今夏の甲子園に出場した福知山成美もあった。学校別の教員数は公表していない。このうち、高校の1件では生徒が唇を切るけがをした。大半が部活動に絡む体罰で、授業中の体罰もあった。

 発表された中学は、立命館、京都文教、龍谷大付属平安、京都光華。

 高校は同志社、京都文教、東山、京都両洋、洛陽総合、大谷、龍谷大付属平安、洛南、京都外大西、京都西山、立命館宇治、京都広学館、京都国際、福知山成美、福知山淑徳、京都共栄学園。

他人の痛みを感じることができない場合が多い。教師が手を出さないとわかれば、ますます増長し、歯止めが利かなくなるだろう。

1 2