1. まとめトップ

【ITブラック】特許庁システムにまつわる黒い話が色々ヤバイ

特許庁システムにまつわる黒い話が色々ヤバイ

更新日: 2012年10月22日

27 お気に入り 105008 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomotsuさん

そもそも東芝が作れなかった特許庁システム

特許庁が出願情報などを一元管理するシステム開発を計画不備で中断したことを受け、会計検査院が開発費用約54億5100万円を無駄な支出だったと指摘する方針を固めたことが分かった。開発が遅れた経緯についても、特許庁の進行管理が不十分だったためと指摘、改善を求める方針。

54億円の税金がパー

特許庁の基幹システムは、特許、実用新案、意匠、商標の知財四権について、出願の受付、審査、登録といった基本業務を支える。特許庁はシステム開発・運用コストの削減を狙い、分割発注方式への方針展開を決定、2006年にシステム設計工程の入札を実施した。

11年1月の稼働を目指して開発作業は06年に始まったが、07年には遅れが出始めた。東芝ソリューションは遅延解消のため一時約1300人を動員。しかし十分な成果が得られず、今年1月に中断が決まった

入札は東芝、日立、NTTデータの賄賂合戦

おまけに東芝の孫請けが東京地検に一斉捜査。架空増資か

実は建設業界以上に黒いIT業界

日本の情報処理産業において、インフラ構築からコンピュータ機器の設置、納入後の運用メンテナンスに至るまでを一括受注して利益を得ているシステムインテグレーターのこと。建設業界のゼネコンと下請業者の関係を揶揄してこの言葉を用いている人が多い

ITゼネコンの弊害は、建設ゼネコンよりずっと大きい。建設業の生産性が落ちても日本経済に大した影響はないが、情報産業の国際競争力を高めることは政府も最優先の課題としている

自分で仕様書(システムの条件)を書いて自分で落札

独立行政法人 海洋科学研究開発機構は、同研究所が運用中のスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」の更新にあたって一般競争入札を行ない、NECが約190億円で落札したと公表した。しかし、この入札にはNEC1社しか応札していない

関係者の話によれば、この仕様書を書いたのは、地球シミュレータを運用しているNECの社員だという。入札の仕様を応札業者に書かせたら、自社が落札しやすい仕様にするのは当然だ。政府のIT調達には、このように最初から落札者が決まっている「偽装入札」が多い

話題のスパコンでも...

この京速計算機は、1000億円を超えるプロジェクトなのに、随意契約でNEC、富士通、日立の3社が共同受注した。スパコンは国際競争入札を行なうのが常識であり、そうすれば国産より2桁安い海外メーカーが落札しただろう。この非常識なコストを負担するのは納税者である

さらに驚くのは、発注した理化学研究所のプロジェクトリーダーが、NECから「天上がり」した人物だということだ。自分の出身企業から調達するのだから、なるべく高値で発注するだろう。これは明白な利益相反だが、スパコンの目的は「科学技術」と美しく、その中身も素人には分からないのでメディアも問題にしない

ネットの声

特許庁のシステム開発54億円不適切ってよくわからないな。アクセンチュアに29億円払う前に気がつくと思うけどな...

特許庁の話は氷山の一角だろう。公務員にシステム企画力、開発力、PM力などなし。業者に任せていれば出来ると思っている。なんで、こんなに無知、無能な連中が、巨額のシステム開発に携わってるんだ。まともなもの、出来るわけない。官僚は責任をとるべき。

特許庁か、NTTデータの知人が嘆いてた。聞けば随意契約でずっと請け負ってたが、TSOLにダンピング入札された。他のシステムは作れないけど特許庁のシステムは誰よりも知ってるスペシャリストたちはリストラされたとか。これは小泉政権の随意契約見直しのあだ花か?

特許庁の基幹システムの件、TSOLだけじゃなくてアクセンチュアも絡んでたのか。

たぶん、現行システムはNTTデータが特許庁を上手くコントロールしながらコツコツと作り上げてきたものなんだろう。 実は特許庁の実務を一番理解してるのはNTTデータかもしれないw

T芝の特許庁システム開発中断で開発費54億円が無駄に。そのうち30億円は偉い人達へのコンサルタント料。被災地よりも偉い人達とそれに群がる法人へ じゃぶじゃぶじゃぶじゃぶ 税金が使われている....

特許庁は2006年に出願情報等管理システム開発の入札を実施。技術点で最下位だが予価の6割以下を提示した東芝ソリューションが落札。11年1月の稼働を目指し開発は06年に開始も07年で遅れ始め、東芝ソリューションは解消に一時約1300人動員、成果が得られず今年1月に中断決定。…詐欺?

IT業界では何かと噂になっていた特許庁システム開発中止事件ですが、会計検査院は開発費用の約54億円全額について会計法令違反(無駄な支出)と判断したようです。特許庁も東芝Solもアクセンチュアも、凡そまともな組織ではないと露呈したと言えるでしょう。当然ですが、54億円は税金です

特許庁の一見、やっと検査院から話がでたの? 今頃? って思ってるけど、それ以上に先日「まひえもん知ってる?朝日新聞に載ってたんだけど特許庁のシステムが頓挫した件さぁ」って今頃になって話題に出されるぐらいにはアンテナ感度低い人間ばかりですごくアレ。

特許庁のシステム開発ひでーな。もう大規模システムを開発するノウハウがないのかな。まぁ、ひどいのは今に始まった話じゃないけど。大規模になると日本の会社はダメだな。

1 2