特許庁が出願情報などを一元管理するシステム開発を計画不備で中断したことを受け、会計検査院が開発費用約54億5100万円を無駄な支出だったと指摘する方針を固めたことが分かった。開発が遅れた経緯についても、特許庁の進行管理が不十分だったためと指摘、改善を求める方針。

出典特許庁54億円支出無駄 システム開発中断で検査院指摘  :日本経済新聞

54億円の税金がパー

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ITブラック】特許庁システムにまつわる黒い話が色々ヤバイ

特許庁システムにまつわる黒い話が色々ヤバイ

このまとめを見る