この京速計算機は、1000億円を超えるプロジェクトなのに、随意契約でNEC、富士通、日立の3社が共同受注した。スパコンは国際競争入札を行なうのが常識であり、そうすれば国産より2桁安い海外メーカーが落札しただろう。この非常識なコストを負担するのは納税者である

出典ASCII.jp:税金と人材を浪費する「ITゼネコン」|池田信夫の「サイバーリバタリアン」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ITブラック】特許庁システムにまつわる黒い話が色々ヤバイ

特許庁システムにまつわる黒い話が色々ヤバイ

このまとめを見る