1. まとめトップ

元塾講師が教える正しい塾の選び方(高校受験編)

お子様が高校受験。しかし、高校受験の塾なんていっぱいあって選べない!!そんな保護者の方へ。

更新日: 2012年10月15日

kakuyasuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 45282 view
お気に入り追加

塾はお金で選ぶな!!

塾選びの主導権を握るのは、家計をやりくりしているお母様であることが多いです。
日々、家計をやりくりしている中で
『少しでも安く、少しでも安く』と考える癖がついているので、
塾選びでも、安い塾を選んでしまいがちです。
しかし、塾選びでは「費用対効果」を意識しましょう。
いくら安い塾を選んでも効果が出なければ塾に通う意味がありません。
これから、その「費用対効果」を高めるための方法、塾の見分け方をお教えします。

学習塾の先生はプロばかりとは限らない!!

保護者の方の中には、学習塾の先生に任せれば大丈夫と考える方も多いです。
しかし、そんなことはありません!!
先生の中には、初心者の『大学生バイト』も混ざっているのです。
大手塾はほとんど『大学生のバイト』に頼っています。

注意していただきたいのが、大学生のバイト先生が必ず悪いというわけではありません。
2年目、3年目の先生になると、社員より経験が豊富で、生徒指導も巧みです。
しかし、数回の研修の後に、生徒を持っている場合もあります。
では、どのような学習塾を選び、どのような先生に子供を預ければいいのか、お教えします。

アルバイト求人サイトをチェックすべし!!

前述したように、塾には大学生バイトが多くいる場合があります。
先生のうちの9割が大学生という場合も珍しくありません。
そこで、大学生バイト先生は避けたいという保護者の方にオススメなのが、
塾に体験などに行く前に、インターネットでアルバイト求人サイトをチェックしてみましょう!
そこで、頻繁に求人を行っている塾は、新人の大学生講師が多い可能性が高いです。

塾に行ったら、最初に聞くべきこと

ここまで言ってきたとおり、大学生講師が何人いるかは最初にチェックしておくべきでしょう。
そして、
・同じ先生に最後まで担当してもらえるのか。
・担当する先生の教師経験(教師歴、担当生徒数またはクラス数)
この二つも聞いておきましょう。

社員に担当してもらえば安心というのは間違い

ここまで、大学生バイトはダメであるというような論調で書いてきましたが、
私は社員に担当してもらうことにもデメリットがあると考えています。
社員は教室にいる時間も長いので、信頼できるように感じてしまいますが、
実際には授業以外の雑務に追われ、授業中にも保護者からの電話に対応しなければならないなど、
授業に集中できない環境にある場合が多いです。

以上のことを考慮して、
経験値の高い大学生バイトにお子様を預けることがもっとも費用対効果が高いと言えます。

集団指導?個別指導?

塾選びの際に集団指導か個別指導か迷うと思います。
答えにならないかもしれませんが、それは、それぞれの子供の特性によると思います。
ただし、ほとんどの場合は、集団指導で問題ありません。
しかし、以下のような子供の場合は個別指導も考えたほうが良いでしょう。
・定期テストの平均点に遠く及ばない点数をとっている
・内気な性格で集団の授業だと、わからなくても質問ができない
・完全に面倒を見てもらわないと勉強しない(見てもらえばできる)
・授業中にすぐ寝てしまう
・競争に弱く、精神的に耐えられない

最後に

新入りの大学生バイトに担当してもらわないように。
社員に担当してもらう場合にもデメリットはある。
個別か集団かは子供の特性を見て決めるべき。

高校選びというのは人生において最も大切な決断のうちの一つです。
その高校受験のために、万全の対策をしてくれる塾を選べるようにしましょう。

1





kakuyasuさん

このまとめに参加する