1. まとめトップ

覚えてる?花の82年組女性アイドルとその後【昭和のアイドル】

空前のアイドルブームに沸いた1980年代、その中でも最も光り輝いていたのが82年でした。多くの逸材がデビューし、二本中を席巻した、いまだ語り継がれる黄金世代を振り返りたいと思います。

更新日: 2019年02月22日

32 お気に入り 787872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ツモさん

堀ちえみ

デビュー曲 「潮風の少女」

その後も歌手としてのヒットはなかった

小泉今日子

デビュー曲「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー

キョンキョンの愛称で知られ、刈り上げヘアにしたり、写真集で全裸の人拓を披露するなど型破りなアイドルとして名を轟かせる

85年には自らアイドルであることを公言した「なんてったってアイドル」をリリース

80年代後半から90年代前半に掛けて、CM起用された商品は必ず売れるという定説があり、元祖CM女王とも言われた

中森明菜

デビュー当時はあまり目立たない存在だったが、2曲目の「少女A」から出す曲すべてがヒット

85年は「ミ・アモーレ」、86年は「DESIRE-情熱-」と2年連続で日本レコード大賞を受賞

三田寛子

デビュー曲「駆けてきた処女(おとめ)」は作詞:阿木燿子、作曲:井上陽水という豪華布陣

ちょっぴり天然の入ったおっとりキャラは老若男女問わず多くの人に愛された

メディア露出の機会は以前に比べ減っているが、『はなまるマーケット』など情報番組に出演、子育てに関するエッセイの執筆などの活動をしている

新井薫子

1 2 3 4 5 6