1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

すてさんさん

アイドルイベントやBuono!『ゆび祭り』など、最近℃-uteに興味を持った!という方に、ほんの2年ほどの先輩から、お勧め事項を50ほどにまとめてみました。

■ど定番曲20

①Danceでバコーン!
②JUMP
③Midnight Temptation
④青春ソング
⑤いざ進め!SteadyGo!
⑥Kiss me 愛してる
⑦わっきゃない(z)
⑧FOREVER LOVE
⑨SHINES
⑩That's the POWER
⑪これ以上 嫌われたくないの
⑫悲しきヘブン
⑬世界一HAPPYな女の子
⑭大きな愛でもてなして
⑮まっさらブルージーンズ
⑯都会っ子純情
⑰僕らの輝き
⑱超WONDERFUL!
⑲As ONE
⑳涙の色

こちらはタイトル通り、ジャンプと.. そして落ちサビでファンが歌う事を強要されることでおなじみの楽曲。ライブ終盤での登場が多い。
イントロで「皆さん準備はいいですかぁ!! せーの、ジャンプ!」という掛け声で始まるこの曲にも関わらず、天井が低い会場でのイベントにあえてこの曲を選曲したメンバーがいた。その際のイントロの掛け声は「皆さん!ここはジャンプ禁止ですからねぇー! せーの、ジャンプ!!」。

メンバーは激しく踊り、ヲタは「オイッ!」を連呼する。
アウトロは軽くトランス状態に陥るかも...。

終盤のラッシュで登場することの多い、スカソング。
場合によっては、タオル回し曲となる。

足を持つ振り付けは思いのほか過酷らしい。メンバーは「これで歌うの?!」と当初の心情を吐露している。

●まっさらブルージーンズ
言わずと知れた、デビュー曲。(インディーズ)
この猛烈コールとフリコピ。
後の項で紹介する『DVD MAGAZINE vol.23』には、メンバー自らが落ちサビの舞美ちゃんにヲタ芸的なことをするシーンが収められている。

●都会っ子純情
2007年の日本レコード大賞最優秀新人賞楽曲。
今も変わらず活き続けている。

*******************************************************

■ヲタライフ~1年の流れ~

ここで℃-uteの基本的な1年の流れを見ていきます。

これはおおまかな基本線です。
年によって多少ばらつきがありますし、さらに今後はこの通りに運営されていくかは分かりません。℃-uteに限らずハロプログループの多くに共通する流れです。

2010年を例に、春から1年を見ていきます。




春:コンサートツアー




夏:ハロプロ合同のツアー




秋:コンサートツアー




冬:ハロプロ合同ツアー

その隙間をぬって、【舞台や映画】、そして【ファンクラブイベント】や【バスツアー】などがあります。
シングルのリリースは大体年3枚。そしてそれらを含むアルバムが年1枚でます。
シングルのリリースにあたっては、その前後に【リリース記念及び販売促進のイベント】があり、アルバムは主に、リリース後のコンサートツアーに曲目が組み込まれる事が多いです。

また、℃-uteには重要な行事があります。
まず第一に、9月10日は「℃-uteの日!」と銘打ち、メンバー及びファンにとって【とても大事なイベント】が行われます。
次に、メンバー5人のうち3人が2月初旬生まれということがあり、その前後で【バースデーイベント】が開催されます。

ここ数年は、【クリスマス前後にもイベント】が開催されていることが多いです。

ファンクラブの【バスツアー】は、年によっては【ハワイツアー】になることがあります。
多くのヲタは、バスツアーへの参加で相当なコアファンになったと実感するようです。

これで年間ほぼみっちり埋まっていますが..
鈴木愛理だけは別途Buono!に参加しており、ここ数年順調に、8月と2月の【Buono!コンサートツアー】が開催されています。

画像では、年度中心で4月から1年を追っていますが..
ヲタの1年として1/1からスタートすると捉えますと..

1月 ハロコン
2月 バースデーイベ Buono!
3月 舞台
4月 春ツアー
5月 春ツアー
6月 バスツアー
8月 ハロコン Buono!
9月 ℃-uteの日
10月 秋ツアー
11月 秋ツアー
12月 キューティーランド
※あくまでも目安です。

この隙間に、シングルリリースイベや写真集イベ、テレビや映画ほかが挟まってくるというヲタライフになります。


これらの観戦チケットは、ほとんどがファンクラブ先行..
そしてプレイガイド先行、興行主先行などを経て一般発売となり、一般発売で安定的にチケットを確保することはかなかな難しいです。

******************************************************

■お勧め映像(DVD等) 10

ハロプロ全般でほぼ共通ですが、これらの活動の多くは映像化され販売されています。
但し、ファンクラブイベントは、ファンクラブ限定販売になります。

前項の大事なイベント「9月10日は℃-uteの日」を映像化したもの。こちらは一般発売されます。
特にこの2010年は、ファンとの一体感が猛烈です!

2011年春のコンサートツアー。
見事なパフォーマンスと名シーン。

時期は変動しますが、ほぼ毎年行われているファンクラブのバスツアーの模様。
ハロプロでも℃-uteの場合特に見どころなのが、イベント内でのライブです。
くじ引きを引いてその場でガチンコで披露することが多く、そのクオリティに驚かされます。

但し、バスツアー(ハワイツアーも)はファンクラブ限定のため、映像もFC限定です。
中古ショップやオークションで手に入れるよりないのが現状。

こちらは夏のハロプロコンサートの映像。
ファンコラでは歌ってないメンバーやファンの盛りあがりが気持ちいい。

2012年3月に行われたイベント... アメーバの携帯コンテンツ『ポケモー。』プリゼンツというもの。ハロプロ曲以外の楽曲、そして全編生演奏という趣旨替えが興味深い。

また、この季節は岡井千聖『会社で踊ってみた!』など、イレギュラーなイベントが別途開催されている年も多いです。

2008年にBerryz工房と℃-ute合同で行われたコンサートツアー。
ハロヲタにとって、Berryzと℃-uteは双子の姉妹です。
昨秋(2011)にも合同でツアーが開催されており、そこから振り返るこの2008年は、大変に感慨深いものがあります。

2009年のファンクラブバスツアーの模様。DVDは2枚組で画像は1枚目ですが、ケースがそれぞれ別になっています。ファンクラブ限定販売ですが、中古ショップ等ではセットで売られているようです。

これは2009年のクリスマス前後に行われたファンクラブイベントの模様です。
ファンクラブ限定販売。
トナカイの恰好をしてのライブがとってもcute!!

DVD MAGAZINEは、主にコンサートツアー中に会場で発売される定期的なものです。今はコンサート会場で販売される多くのものがネットでも買えるようになっています。
前ツアーの舞台裏を映す号がいくらか人気が高いようですが・・ このvol.16は、バックステージではなく、企画モノです。
砂浜でスイカ割やバーベキュー等。まあお互い人の話しは聞かない、まとまりがない、五月蝿いと...
非常に℃-uteの魅力が詰まった1本。

1 2 3