1. まとめトップ

帰ってきた朝の顔!めざましテレビ大塚さん退院【生電話出演果たす】

急性リンパ性白血病の治療のため休養されていた、大塚さん。ついに、先日退院されたことが分かりました。16日にはめざましテレビに生電話出演もされるとのことで、楽しみですね!大塚さん待ってました!おかえりなさい!!

更新日: 2013年02月05日

0 お気に入り 3923 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asuparagasuさん

病気発覚後フジテレビを通して発表したコメント

17年と7カ月、所定の休みを除いて皆勤で走り続けて来ましたが、全く予期せぬ突然の病を得て、休みを頂くことになりました。

健康だけが取り柄の、また健康だけを頼りに『めざましテレビ』に取り組んで参りました。そのような形で崩れた衝撃は、まだ受け止め切れていません。

(中略)厳しい治療にも気力で耐えて、数カ月先の5時25分に再び元気な笑顔で再登場することをお約束します。

急性リンパ性白血病とは...

リンパ球系の造血細胞が腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患であり、ALLと略される。小児白血病の多くは急性リンパ性白血病である。
急性リンパ性白血病では、フィラデルフィア染色体(Ph)t(9;22) という染色体異常がみられる場合があり、成人患者で多く約4人に1人(15~30%)の割合で見られフィラデルフィア染色体(Ph)陽性急性リンパ性白血病と呼ばれる。

ついに退院!!

急性リンパ性白血病のために昨年11月から休養していた大塚範一キャスターが今月1日に病院での治療を終えて退院したことが15日、分かった。

治療がうまくいって良かったですね!

大塚キャスターは抗ガン剤を用いた化学療法を受け、入院生活は11カ月に及んだ

退院後の大塚さんのコメント

「仕事への復帰を目標に立てて闘病に励んで参りましたが、孤独な戦いとならずに済んだのはお子さんから先輩に当たる世代の方まで、幅広い視聴者の皆様の心からのご支援が強い支えになったからだと実感しています」と周囲に支えられたことを感謝するコメントを発表した。

この11カ月は我慢できないほど無為な長い月日であり、また瞬く間の短い日々でもある、不思議な時間でした

孤独な闘いとならずに済んだのはお子さんから先輩に当たる世代の方まで、幅広い視聴者の皆様の心からのご支援が強い支えになったからだと実感しています

今後は定期的に通院し、完治を目指す。本人も「体調次第です。無理をしないで年明け、あるいは新年度からでも、と考えています」とコメントを出している。

電話出演決定!!

大塚キャスターは16日のフジテレビ系「めざましテレビ」で生電話で退院報告する。

早くめざましテレビで活躍される大塚さんを見たいですね( ´ⅴ`)

その電話出演でのコメント

「いつ退院できるんだろう。そういう日がくるのかと不安もあった。いろんな葛藤を自分なりに乗り越えてきた」と元気な声を響かせた。

キャスター陣に「今何がやりたい?」と問われると、「本当は仕事と言いたいが、旅行や温泉。早くゴルフをやりたい。今まで封印してきたものをやりたい」と冗談交じりに語る場面も。入院中にロンドン五輪を観戦、「自分も何らかの形で伝えたいという思いは、報道人として残った」。「完治の声を聞くまではもう少し時間がかかる」としながらも復帰への意欲を見せていた。

【おススメまとめ】

1